【脳科学/発達子育て】現状にかかわらず、望む未来に意識を向けて考え始めると転機になる

LINEFacebookInstagram
始めました!

「やっと分かってもらえた!」
発達子育ての実体験からくる深い共感力と心理学・脳科学に基づく具体的な方法で我が子の問題行動をこっそり改善させる発達障害専門カウンセラー立川洋子です。

 

「私がちゃんとあの子を産んでやれなかったからいけないんです。」

 

これは発達子育てのご相談をお受けしたお母さんが涙ながらに発した言葉です。

発達子育てを実際にしている私自身も、このご相談をしに来てくださったお母さんと全く同じことを思ったことがありました。一度や二度ではなく、発達子育てで悩むたびに、学校の先生からあれができていない、コレができていないと言われるたびに、我が子が癇癪やパニックを起こすたびに思いました。

 

~~~~~

現状にかかわらず、望む未来に意識を向けて考え始めると転機になる

~~~~~

 

目の前の悩みや困りごとは何かしらしてきた、またはしてこなかった結果ですが、いずれにせよ、根底に「本当はこうしたい、こうなったらいいな、こうなれたらいいな」というような未来への希望があるから悩んだり困ったりするのだと思います。

 

そのため、確かに発達子育てなどに悩むことや困ることはとても苦しいですが、決して悪いことでも、お母さんがちゃんと産めなかったからではありません。

 

むしろ、お母さんが我が子への愛情が沢山あるから発達子育てに悩むのです。

 

子どもへの接し方が子どもの成長によって変わるのと同様に、お母さんの愛情を我が子に分かるように届け、我が子が自分を大切に生きていくよう出来ることを考え直すことも必要です。

 

そして発達子育てに悩む今がその時期だと思います。具体的に考えるために、ご相談に来られたお母さんには2つの質問を投げかけました。

 

”どんな子育てをしたいですか?”

”子どもにどうなってほしいですか?”

 

お母さんがこの2つの質問に対して自分の言葉で表現できるかどうかで発達子育てでの困りごとをこっそり改善しながら、発達子育てを楽しみ、我が子が自分らしさを発見していくことにも左右します。

 

私自身、発達子育ての悩みのまっただ中の苦しい時、この2つの質問に全く答えられませんでした。というよりも、このようなことを考える余裕もなかったんです。でも、この2つの質問に対して言葉で言えるまで考えて考えてを来る返して、「私はこうしたい!こうなってほしい!」と言えるようになってから、ガラリと発達子育てが変わりました。

 

我が子の発達特性でイライラしていたのが面白くなったり、こんな特性があるからこういうサポートはどうだろうとかんがえて試し、一緒に息子と頑張って笑ったり、考えたりが面白くなりました。一緒に考えて笑うことがこんなにも幸せな事なのだと思いました。

 

今までや今がどうか?ではなく、これから先どうしたいか?と未来へと意識を向けることはとても大事だと、発達子育てだから学べた大切なことの一つだと自負しています。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

最初の一歩は”話してみること”

  • 発達障害に特化した支援方法を知りたい
  • 発達障害の傾向が見られるがどうしたらいいか分からない
  • 学校の先生に子どもの特性を理解してもらえない
  • 目の前の問題を改善をしたい
  • 子どもの将来の自立と自律に必要なことを知りたい
  • 子どもの癇癪、パニックの対処を知りたい
  • 子どもを怒鳴ったり叩いたりするのをやめたい
  • 子どもの本当の気持ちを知りたい
  • 子育てが辛くて、母親を止めたい気持ちになる
  • カサンドラ症候群かもしれない

1つでも当てはまる方は、個別カウンセリングをお試しください。

カウンセリングだからあなただけの時間と空間がありますので、安心してお話しいただけます。

あなたの100%味方として、あなたの悩みや問題解決に伴走します。

 

LINEでのお問合せ、お申込み、簡単なご相談も可能です。
LINE特別イベントもありますので、良かったら登録してくださいね。

友だち追加

発達子育てを頑張るお母さんのための駆け込み相談室
心理カウンセラー 立川 洋子

E-Mail:tatsukawayoko@gmail.com

Facebook:https://www.facebook.com/kakekomisoudan/

LINEhttps://lin.ee/Qnd14S0

Instagram: https://www.instagram.com/tatsukawayouko/