頑張ったのにうまくいかなくて苦しくなったら、その苦しみを感じ切ってから自分の頑張りを労おう

LINEFacebookInstagram
始めました!

 

心理学・脳科学をもとに親子の困り感を解消し、発達障害の特性を強みに変えて自信を育み、親子ともに”自分らしく生きる”を実現させる
「発達障害専門カウンセラー」立川洋子です。

 

頑張ったのにうまくいかなかったり、思うような結果がでなかったりすることってありますよね。すぐに気持ちが切り替えられるならいいのですが、うまくいかなかったショックや衝撃が時間の経過とともにじわじわと自分の中に沸き起こってくることがありませんか?

 

段々と胸が苦しくなってきたり、涙が溢れてきたりする人もいるでしょう。

頭の中で”何が悪かったのだろう?”と過ぎ去った時間を思い出して一つ一つ確認してしまう人もいるでしょう。

”やっぱり私はダメな人間だ”と心のなかで自分に向かって何度も言ってしまう人もいるでしょう。

 

頑張ったのにうまくいかないというのは、子育てでも、夫婦関係でも、仕事関係でも特に相手のある事である場合、相手の気質や傾向を鑑みて、敬意を払って接してきたつもりなのに伝わらない、分かりあえない、うまくいかなかったということは、どこでも、誰とでも、起こり得ます。

 

そして、人間は人とかかわらずに生きることは出来ないので、こういったことはゼロにはできません。つまり、頑張ったのにうまくいかなかったなと感じることを避けて生きることは出来ないのです。

 

~~~~~~~~~~~~~~~

頑張ったのにうまくいかなくて苦しくなったら、その苦しみを感じ切ってから自分の頑張りを労おう

~~~~~~~~~~~~~~~

 

無理したり、ものすごく頑張って気持ちの切り替えをしようとせず、自分が感じた苦しみや悲しみを感じるままに受け入れることが大事です。

 

人によってはその苦しみや悲しみが体の感覚として感じられることがあります。胸がギュッとしたり、締め付けられるような感覚に襲われたり、呼吸が浅くなるなどです。そういった体の感覚を感じる部位にそっと手を当ててみましょう。

 

そして次に、自分の頑張りを思い起こしてみましょう。

 

自分なりに心を込めて接した、一生懸命に準備した、緊張を感じながらも笑顔を絶やさなかった、今までにない行動をした、などきっと自分なりの頑張りが何かしらあったはずです。自分なりの頑張りを探して労いましょう。

 

”今まで挑戦をしたことなかったけど、思い切って挑戦した私はよく頑張った”

”どんな状況でも笑顔で向き合った私はとてもよくやった”

 

そう自分で自分の頑張りを労いましょう。何度でも、繰り返し、自分の頑張りを労いましょう。なぜなら、あなたの頑張りは紛れもない事実だからです。あなたの中に「こうなりたい!こうなるんだ!」という希望や想いがあるから頑張れたのです。

 

そのあなたの希望や想いは、あなた自身が望む未来への原動力となり、また次の一歩へと踏み出す力を必ず与えてくれます。だから大丈夫!あなたが感じた苦しみは必ず次への一歩への原動力に変わります。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

最初の一歩は”話してみること”

  • 発達障害に特化した支援方法を知りたい
  • 発達障害の傾向が見られるがどうしたらいいか分からない
  • 学校の先生に子どもの特性を理解してもらえない
  • 目の前の問題を改善をしたい
  • 子どもの将来の自立と自律に必要なことを知りたい
  • 子どもの癇癪、パニックの対処を知りたい
  • 子どもを怒鳴ったり叩いたりするのをやめたい
  • 子どもの本当の気持ちを知りたい
  • 子育てが辛くて、母親を止めたい気持ちになる
  • カサンドラ症候群かもしれない

1つでも当てはまる方は、個別カウンセリングをお試しください。

カウンセリングだからあなただけの時間と空間がありますので、安心してお話しいただけます。

あなたの100%味方として、あなたの悩みや問題解決に伴走します。

 

LINEでのお問合せ、お申込み、簡単なご相談も可能です。
LINE特別イベントもありますので、良かったら登録してくださいね。

友だち追加

発達子育てを頑張るお母さんのための駆け込み相談室
心理カウンセラー 立川 洋子

E-Mail:tatsukawayoko@gmail.com

Facebook:https://www.facebook.com/kakekomisoudan/

LINEhttps://lin.ee/Qnd14S0

Instagram: https://www.instagram.com/tatsukawayouko/