「自信がない」と悩むのはまだ早いです

仕事も家事も自信がないから慎重派

慎重すぎて、

最後は石橋を叩き割ってしまっていた

元アダルトチルドレン

元愛着障害の

心理カウンセラー立川洋子です。

 

 

子育てでも、仕事でも、

「自信がないからできない」という

お話を聴きます。

 

 

しっかりと行動もし、客観的に見て

着実に前進もしているにもかかわらず

「自信がない・・・」というのです。

なぜでしょうか?

 

 

それは、あなたにとって

「自信」が”条件つき”だったり他人基準”で比べているからです。

 

 

 

例えば、

 

「○○さんほどできないから、自信がない」

「△△さんほど早くないから、自信がない」

「○△さんほど正確に出来ないから自分はだめ」

「普通なら○×なのに、自分はできていない」

 

といった具合に、

自分以外の誰かを基準にしていたり

「普通なら」と条件付きにして

自分がそれより劣っているから

自信がないと言っています。

 

条件付きとは


突き詰めていくと大抵

子どもの頃から当たり前だった。

でも、実はなんとなく違和感がある」

というものです。

 

 

それは言い換えると、

実は、”あなたの”当たり前ではなく、

”あなたの親の”当たり前である可能性が高いです。

 

つまり

 

あなたの”親の価値観”や”基準”です。

 

 

あなたの人生はあなたのものです。

あなたの心で感じることも

あなたの頭で考えることも

全てあなたのもので、あなたの自由です。

 

 

たとえ親であっても

良し悪しの基準になったり

良し悪しの判断をしたり

自信のある無しの条件になることは

必要ないのです。

 

 

親も、他者も、あなたとは別人です。

一人ひとりが違った基準を持っています。

 

誰もが、その違った基準それぞれに

合わせることは物理的に不可能ですし、

合わせようとしなくてもいいのです。

 

 

自信が無いと悩む前に・・・


他人を基準にしたり、条件付きにして

自信がないと悩む前に、

 

 

自分にとって自信があるとはどんなか

明確にしておく必要があります。

 

 

他人や親の基準や何かが出来たらといった

条件付きではなく

 

 

自分が希望する未来に

進んでいると実感できる

考え方や捉え方

自信を育んで行きたいですね。

 

あなたに合った自信の育み方が必ずあります。

専門家と一緒に短期で自信を育むこともできます。

詳しくはこちら

「「自信がない」と悩むのはまだ早いです」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です