【子育て/発達障害】「失敗しないように」よりも「後悔しないように」を意識してみる

LINEFacebookInstagram
始めました!

 

「やっと分かってもらえた!」
発達子育ての実体験からくる深い共感力と心理学・脳科学に基づく具体的な方法で我が子の問題行動をこっそり改善させる発達障害専門カウンセラー立川洋子です。

 

発達障害の特性を持つ我が子の子育てに悩むあなたは、今まで、自分の子育てについて「失敗」や「後悔」を感じたことがありますか?

 

例えば「ちょっと失敗したなぁ~ああしたら良かったらな・・・」というように、実際に日々の暮らしの中で「失敗」と「後悔」を使い分けをあまり意識していないのが実情かもしれません。

 

~~~~~

「失敗しないように」よりも「後悔しないように」を意識してみる

~~~~~

 

私はまだ発達子育ての真っ最中で、自閉症スペクトラムASDの特性を持つ我が子との今までの時間という流れのなかにある息子と私の親子としての歴史の中では「失敗だったかもしれない・・・」と感じたことは何度もありました。

 

最近では思春期も重なり、発達特性と思春期が重なるとこうも厄介というか、大変なのか?!と自分の気持ちが落ち込んだり、萎えたりすることもあります。

 

けれども、こうも思っています。

 

私の発達子育てに「後悔」はあるけど「失敗」はない!

 

なぜなら・・・発達子育てに悩みながら、時どき弱音を吐きながらも

 

「どうしたらいい?」

「どうしたら良くなりそう?」

 

と、頭の片隅でそう考えているから、「失敗」はないと思っています。

 

つまり、「失敗?!」と感じたとしても、その裏側の「希望」の部分を考えながら、日常の中で色々と実際に試し続けています。そこにはもちろん、「ちょっとこうしてみようかな?」と考えるだけの時もありますが、それを実際にやってみることを続けている限り、「失敗」はないと思うんです。

 

しかし、うまくいかない状況が続けは「ああすればよかった・・・」と程度の差こそあれ「後悔」が生じるのが普通です。

 

その「後悔」が大きくなるほど、増えるほど、お母さんのあなたの心は蝕まれてしまい兼ねません。

 

だから、「後悔しないように」を意識してその日その時の子どもとの時間を大切にしていくことが、発達子育てには大事だと私は思っています。

 

本日も最後まで読みいただきありがとうございました。

●発達子育てを頑張るお母さんのための駆け込み相談室でのカウンセリング相談はコチラ体験相談希望

最初の一歩は”話してみること”

  • 発達障害に特化した支援方法を知りたい
  • 発達障害の傾向が見られるがどうしたらいいか分からない
  • 学校の先生に子どもの特性を理解してもらえない
  • 目の前の問題を改善をしたい
  • 子どもの将来の自立と自律に必要なことを知りたい
  • 子どもの癇癪、パニックの対処を知りたい
  • 子どもを怒鳴ったり叩いたりするのをやめたい
  • 子どもの本当の気持ちを知りたい
  • 子育てが辛くて、母親を止めたい気持ちになる
  • カサンドラ症候群かもしれない

1つでも当てはまる方は、個別カウンセリングをお試しください。

カウンセリングだからあなただけの時間と空間がありますので、安心してお話しいただけます。

あなたの100%味方として、あなたの悩みや問題解決に伴走します。

 

LINEでのお問合せ、お申込み、簡単なご相談も可能です。
LINE特別イベントもありますので、良かったら登録してくださいね。

友だち追加

発達子育てを頑張るお母さんのための駆け込み相談室
心理カウンセラー 立川 洋子

E-Mail:tatsukawayoko@gmail.com

Facebook:https://www.facebook.com/kakekomisoudan/

LINEhttps://lin.ee/Qnd14S0

Instagram: https://www.instagram.com/tatsukawayouko/