怒らない!と頑張るより”今”を少し頑張って”観る”ことが怒らない早道

LINEFacebookInstagram
始めました!

 

「やっと分かってもらえた!」
発達子育ての実体験からくる深い共感力と心理学・脳科学に基づく具体的な方法で我が子の問題行動をこっそり改善させる発達障害専門カウンセラー立川洋子です。

 

「もう怒らない!って決めたのに、また怒っちゃった私ってダメ親・・・」そんな思いを抱いたことありませんか?

 

我が子に発達障害の特性がある場合、どうしても出来ることより出来ていないことが目に付いたり、頭では”発達特性だから少しずつ練習していけばいい”と分かっているけどイラッとしてしまうことが、どうしても多くなってしまうものです。というか・・・

 

ある意味、自然です!

 

なぜなら人間の脳は、目のまえに起こっていることやものに対し、欠けている部分に自然と意識(目)がいくように出来ているからです。

 

”自然と”とというのは、無意識にとか、頑張らなくても、というイメージです。ちょっとイメージ湧かないなという方は、是非今日のおやつに同じドーナツを2つ買ってきてみてください。1つだけ一口かじってください。そして、かじったドーナツとかじってないドーナツを二つ並べ、少し時間をおいてから「どっちのドーナツが気になるか?」見てみてください。きっと一口かじって欠けているほうです。

 

そのように人間の脳は、自然と、頑張らなくても、欠けていることに目についてしまうものなので、我が子に出来ていない所、出来ないことにあなたの目がつい向いてしまうのは自然なことなんです。

 

~~~~~

怒らない!と頑張るより”今”を少し頑張って”観る”ことが怒らない早道

~~~~~

 

「怒らない!」と決めることはできますが、人間の脳の特性を考えると「怒らない」ことは自然な流れに逆らうことにもなりますし、そう思っていても出来ない自分に悩むのは、あなたにとってひょっとすると合っていない方法なのかもしれません。

 

そんなときは、「怒らない!」と頑張るよりも違う方法を試してみませんか?

 

それは

 

”今”を観ること

 

まずは我が子が”今”出来ていることを徹底的に観ていきましょう。そして、出来ていることをまずあなたが声に出して言葉がけをしてみてください。

 

なにも「すごいね!」と褒める必要はありません。「〇〇するんだね」「○○しようとしてるんだね」「○○もう終わったんだね」と、我が子が”今出来ていることを肯定する言葉をかけてみてください。

 

その肯定する言葉が我が子の心の中に蓄積されて行き、”今”出来ていないこと、頑張ってるけどなかなかできないこと、練習していることを頑張っていく力になります。

 

この”今”にフォーカスして”今”できていることを言葉がけ出来るのはお母さんにしかできないことです。大好きなお母さんから言われた肯定的な言葉は子どもの心の栄養になります。子どもの笑顔になります。その笑顔はあなたの言葉が作っているんです。

 

あなたの言葉と子どもの笑顔が循環したら???

 

親子で笑顔になると思いませんか?

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

最初の一歩は”話してみること”

  • 発達障害に特化した支援方法を知りたい
  • 発達障害の傾向が見られるがどうしたらいいか分からない
  • 学校の先生に子どもの特性を理解してもらえない
  • 目の前の問題を改善をしたい
  • 子どもの将来の自立と自律に必要なことを知りたい
  • 子どもの癇癪、パニックの対処を知りたい
  • 子どもを怒鳴ったり叩いたりするのをやめたい
  • 子どもの本当の気持ちを知りたい
  • 子育てが辛くて、母親を止めたい気持ちになる
  • カサンドラ症候群かもしれない

1つでも当てはまる方は、個別カウンセリングをお試しください。

カウンセリングだからあなただけの時間と空間がありますので、安心してお話しいただけます。

あなたの100%味方として、あなたの悩みや問題解決に伴走します。

 

LINEでのお問合せ、お申込み、簡単なご相談も可能です。
LINE特別イベントもありますので、良かったら登録してくださいね。

友だち追加

発達子育てを頑張るお母さんのための駆け込み相談室
心理カウンセラー 立川 洋子

E-Mail:tatsukawayoko@gmail.com

Facebook:https://www.facebook.com/kakekomisoudan/

LINEhttps://lin.ee/Qnd14S0

Instagram: https://www.instagram.com/tatsukawayouko/