【発達子育て】我が子の発達特性や傾向~「理解・受容できない・・・」それが当たり前

LINEFacebookInstagram
始めました!

 

「やっと分かってもらえた!」
発達子育ての実体験からくる深い共感力と心理学・脳科学に基づく具体的な方法で我が子の問題行動をこっそり改善させる発達障害専門カウンセラー立川洋子です。

 

発達子育てをしているお母さんにとって、我が子の特性や傾向の理解と受容は大きなテーマです。

 

実際に日々の暮らしの中で発達障害の特性を持つ我が子を傍で見ていると、とっても不可解で不思議なこと、繰り返される癇癪やパニックからくる疲弊感と困惑、自分自身の許容範囲を遥かに超えてものすごくイライラするなど、理解不能なことが良く起こります。

 

頭では「理解しよう!受け入れよう!」と思うんです。

 

でも、それが出来ない・・・

 

”なぜ?””どうして?”と頭の中にたくさん疑問符が浮かび、「やっぱり理解できない!」と思ってしまいます。

 

~~~~~

我が子の発達特性や傾向~「理解できない・・・」「受容できない・・・」それが当たり前

~~~~~

 

自閉症スペクトラムASDの特性を持つ我が子の子育て中の自分自身の実体験からも、障害福祉の相談員とジョブコーチとして子どもから大人までの発達障害の方がたの親御さんとかかわってきた経験からも、未だかつて、「我が子の発達特性を理解し、受容ができています!」と自信満々な親御さんに出会ったことはありません。

 

みんな”少しずつ””徐々に”で、そのペースも色々です。

 

私自身、以前に比べたら我が子の特性の理解も、特性の受容も出来るようになったと実感していますが、決して自信満々ではありません!まだまだ私が知らない息子の不思議に出くわすこともあり「はあ?」と言葉を失うような気持ちになることもあります。

 

我が子の特性や傾向に対し最初はみんな驚きとショックです。ショックをなんとか和らげようと ”まさか!””そんなわけがない!”と否認します。でも、現実は変わらなくて、悲しくなったり、苦しくなったり、時にその苦しみや悲しみがいっぱいになってイライラし、そんな自分を責めたりするのをくり返します。段々混乱するんです。

 

つまり

 

ショック ⇒ 否認 ⇒ 悲しみ、怒り、混乱 

 

というような過程を経ていくのが自然な心の動きです。そうやって”少しずつ” ”徐々に” 我が子の特性を理解し、受容していくようになります。

 

そのため、今「理解できない!」「受容できない!」とショックを受けたり、自信を失ったり、自分を責めたりしなくていい!

 

理解し、受容していく過程にいるからいいんです!

 

だから「理解できない!」「受容できない!」というあなたの想いをむしろ肯定してください。

 

それでいい!

そう感じる自分でいい!

だって・・・

 

理解して受容していく絶対必要なステップだから・・・

 

ちゃんと方向はあってる!

だから大丈夫なんです。

安心してくださいね。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

最初の一歩は”話してみること”

  • 発達障害に特化した支援方法を知りたい
  • 発達障害の傾向が見られるがどうしたらいいか分からない
  • 学校の先生に子どもの特性を理解してもらえない
  • 目の前の問題を改善をしたい
  • 子どもの将来の自立と自律に必要なことを知りたい
  • 子どもの癇癪、パニックの対処を知りたい
  • 子どもを怒鳴ったり叩いたりするのをやめたい
  • 子どもの本当の気持ちを知りたい
  • 子育てが辛くて、母親を止めたい気持ちになる
  • カサンドラ症候群かもしれない

1つでも当てはまる方は、個別カウンセリングをお試しください。

カウンセリングだからあなただけの時間と空間がありますので、安心してお話しいただけます。

あなたの100%味方として、あなたの悩みや問題解決に伴走します。

 

LINEでのお問合せ、お申込み、簡単なご相談も可能です。
LINE特別イベントもありますので、良かったら登録してくださいね。

友だち追加

発達子育てを頑張るお母さんのための駆け込み相談室
心理カウンセラー 立川 洋子

E-Mail:tatsukawayoko@gmail.com

Facebook:https://www.facebook.com/kakekomisoudan/

LINEhttps://lin.ee/Qnd14S0

Instagram: https://www.instagram.com/tatsukawayouko/