【発達障害・子育て】お母さん自身の意識を自分から他者がしてくれたことに向け直しが必要

LINEFacebookInstagram
始めました!

 

「やっと分かってもらえた!」
発達子育ての実体験からくる深い共感力と心理学・脳科学に基づく具体的な方法で我が子の問題行動をこっそり改善させる発達障害専門カウンセラー立川洋子です。

 

”この子が人に迷惑をかけたら申し訳ない・・・”

 

発達子育てを頑張るあなたはそう思ったこと、もしかしたら1度や2度ではないかもしれません。

発達子育てを頑張るあなたはいかがですか?

 

自閉症スペクトラム(ASD)の特性をもち、ADHDの傾向もある我が子の発達子育てを通じて何度も私はそう思う場面がありました。そして、発達障害専門のカウンセリングをしている中でも、発達子育てを頑張るお母さんたちから”周りに迷惑をかけて申し訳ない”という声を良く聴きます。

 

”人に迷惑をかけてはいけない”という前提を意識的にせよ、無意識的にせよ持っている場合、人に迷惑をかけてしまっている(しまった、しまいそうな)のは申し訳ないと思ってしまうものです。

 

また、人に迷惑をかけずに生きることは不可能であるということも大なり小なり持っているので、とてもお母さんの心は葛藤します。

 

~~~~~

お母さん自身の意識を自分から他者がしてくれたことに向け直しが必要

~~~~~

 

”人に迷惑をかけて申し訳ない”と言う類の意識が働いている時、自分自身の心に意識が向きすぎている状態です。

 

自分に意識を向けることは大事ですが、前述のように過度になると、他者の優しさや他者への感謝に気づくチャンスを逃してしまいます。それは、あなた自身の人生だけでなく、我が子の人とのかかわりにおける気づきや学びの機会損失にも繋がります。

 

そして、過度な意識の向け方は、不安や苦しみを強化させてしまいます。

 

我が子が

人に迷惑をかけるのではないか?という不安。

人に迷惑をかけてしまった申し訳なさと自分の親としての至らなさのような自己嫌悪感。

再び、人に迷惑をかけてしまうのでは?という不安。

 

このように悪循環のループへとお母さんの気持ちは苦しみへとはまってしまいます。

 

そしてさらに怖いのは、苦しみや辛さなどが積み重なり過ぎると怒りとへと発展してしまうことです。

 

我が子を怒ってコントロールしようとしたり、お母さん自身が他者へ怒りをぶつけ、罵声を浴びせるようなこともあります。特に我が子をコントロールしようとすると反発されることが多いので、より強く、深い悪循環へと発展してしまいますし、他者へ怒りをぶつければ巡り巡って自分に戻ってきたり、相手との関係性を自ら破壊してしまい、孤独・孤立へと自らを追いやってしまいかねません。場合によってはそれは、我が子をも孤立・孤独へと導いてしまうことにも繋がってしまいます。

 

不安や苦しみ、怒りといったいわゆるネガティブ感情を感じたら、その感情に気づき、適切に向き合いながら、自分の意識をどう向けていくかが大事です。

 

過去に私自身、「我が子がよそのお子さんなどに迷惑をかけてはいけない」「このままではこの子の将来が大変なことになる」との不安や苦しみから我が子をコントロールしようとしたり、いわゆる支援者や相談の話を聴いてくださるカウンセラーに、実は怒りをぶつけたりしたことがありました。力業でコントロールしようとし、かなり強く怒りをぶつけてきました。その結果は・・・

 

孤立・孤独でした・・・

 

孤立と孤独はこの上なく辛いです。そこから抜け出すには、本当の感情と真意と現実に向き合うしかありませんでした。少しだけでも意識の向け先を変えると、他者のしてくれたことにたくさん気づくようになり、実は孤独や孤立ではなかったことに気づきます。そして迷惑をとは他者は捉えていないことも実は多いものです。

 

過去の私のようになってしまうお母さんを一人でも減らしたい!そんな思いで発達障害専門カウンセリングやこのお話が少しでもあなたのお役に立てたら嬉しいです。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

最初の一歩は”話してみること”

  • 発達障害に特化した支援方法を知りたい
  • 発達障害の傾向が見られるがどうしたらいいか分からない
  • 学校の先生に子どもの特性を理解してもらえない
  • 目の前の問題を改善をしたい
  • 子どもの将来の自立と自律に必要なことを知りたい
  • 子どもの癇癪、パニックの対処を知りたい
  • 子どもを怒鳴ったり叩いたりするのをやめたい
  • 子どもの本当の気持ちを知りたい
  • 子育てが辛くて、母親を止めたい気持ちになる
  • カサンドラ症候群かもしれない

1つでも当てはまる方は、個別カウンセリングをお試しください。

カウンセリングだからあなただけの時間と空間がありますので、安心してお話しいただけます。

あなたの100%味方として、あなたの悩みや問題解決に伴走します。

 

LINEでのお問合せ、お申込み、簡単なご相談も可能です。
LINE特別イベントもありますので、良かったら登録してくださいね。

友だち追加

発達子育てを頑張るお母さんのための駆け込み相談室
心理カウンセラー 立川 洋子

E-Mail:tatsukawayoko@gmail.com

Facebook:https://www.facebook.com/kakekomisoudan/

LINEhttps://lin.ee/Qnd14S0

Instagram: https://www.instagram.com/tatsukawayouko/