【二次障害】発達障害の特性を持つ我が子の対応は二次障害防止のためにも、小さな困り感を見逃さない!

LINEFacebookInstagram
始めました!

 

 

「やっと分かってもらえた!」
発達子育ての実体験からくる深い共感力と心理学・脳科学に基づく具体的な方法で我が子の問題行動をこっそり改善させる発達障害専門カウンセラー立川洋子です。

 

発達障害の特性を持つ我が子の対応において注意する必要があることとして、発達特性に応じた環境作りと特性に応じた対応は必要不可欠です。そしてもう1つ。”二次障害”の予防も考えていく必要があります。

 

二次障害は、発達障害の特性や症状の程度、個人差により発症する人もいればしない人もいます。多くは特性により、周囲とうまく意思疎通ができず、それが生きづらさや生活のしづらさになってしまうことで発症します。

 

代表的なものとして、不登校、うつ病や統合失調症などの精神疾患、引きこもりや暴言・暴力等があります。いずれも、どの年代に発症しても、本人だけでなく、家族にも大きな影響があります。

 

なにより本人がとっても辛く、人生への影響が心配です!

 

~~~~~~

発達障害の特性を持つ我が子の対応は二次障害防止のためにも、小さな困り感を見逃さない!

~~~~~

 

特に小学生、中学生などの学童期にその子の特性に応じた環境や対応の支援を考えて行かない場合、思春期から大人への時間に向け、二次障害へと発展していくことが多くあります。

 

そして、二次障害は成人期以降大きな影響となり、孤立や孤独へと繋がり、症状が長期化してしまうことも心配です。

 

そのため、発達障害の特性が見られる場合、本人または周囲が小さな困り感を無視せず、また一人で抱え込まずに、困り感を解消、改善していくことを積み上げていくのが大事です。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

最初の一歩は”話してみること”

  • 発達障害に特化した支援方法を知りたい
  • 発達障害の傾向が見られるがどうしたらいいか分からない
  • 学校の先生に子どもの特性を理解してもらえない
  • 目の前の問題を改善をしたい
  • 子どもの将来の自立と自律に必要なことを知りたい
  • 子どもの癇癪、パニックの対処を知りたい
  • 子どもを怒鳴ったり叩いたりするのをやめたい
  • 子どもの本当の気持ちを知りたい
  • 子育てが辛くて、母親を止めたい気持ちになる
  • カサンドラ症候群かもしれない

1つでも当てはまる方は、個別カウンセリングをお試しください。

カウンセリングだからあなただけの時間と空間がありますので、安心してお話しいただけます。

あなたの100%味方として、あなたの悩みや問題解決に伴走します。

 

LINEでのお問合せ、お申込み、簡単なご相談も可能です。
LINE特別イベントもありますので、良かったら登録してくださいね。

友だち追加

発達子育てを頑張るお母さんのための駆け込み相談室
心理カウンセラー 立川 洋子

E-Mail:tatsukawayoko@gmail.com

Facebook:https://www.facebook.com/kakekomisoudan/

LINEhttps://lin.ee/Qnd14S0

Instagram: https://www.instagram.com/tatsukawayouko/