【AC/共依存/発達障害】感情に鈍感なままの影響はかなり大きい

毒親育ちの元AC×共依存で

発達育児と発達支援経験をもつ

心理カウンセラー立川洋子です。

 

あなたは、自分の「感情」に敏感ですか?

それとも、鈍感ですか?

例えば、このような人を見た時、

あなたは、その人のことを

「感情に敏感な人なんだな」とか

「感情的な人なんだな」と思いますか?

 

・怒ってキレる
・悲しくて(又は悔しくてなど)泣く
・気に入らないことがあってふて腐れる
・心のシャッターを下ろして人を寄せ付けない
・考え込んで孤独になり
・不安でしょうがなくなってネット検察や人に相談しまくる

ちなみに・・・

これらは全て以前の私の様子です。

 

一見、感情的な人と思われがちです。

 

でも実は、

このような言動をする人は、感情に鈍感です!

感情と感情的反応は別物


上記四角枠に書いたことは

全て「感情的反応」です。

 

何かしらの「感情」を感じているけど

感情そのものには焦点は当っていません!

 

感情を無視をしている状態です。

我慢しているとも言えます。

そして、それが積もり積もってか

または一気に許容範囲を超えた

反応、結果として出た行動です。

 

周囲の人にとっては、

それらの行動が強烈なので、圧倒されます。

そして、「あの人は感情的だ」と感じるのです。

 

 

でも、感情は不在なまま


それらの感情的反応をした当事者は

そういった行動をしても

実際には自分の内面に向き合っていないままです。

 

だから、

感情には気づいていませんし触れていません。

依然として無視、我慢したままです。

 

これは、感情に「鈍感」な状態です。

 

感情に「鈍感」の影響は?


感情的反応をくり返してしまい

自分も、周囲も傷つけたり

辛さを増すことに繋がり兼ねません。

 

ストレスもたまり、

心身への悪影響や

状況の悪化

対人関係であれば、関係性が崩壊しかねません。

 

自分の感情(気持ち)に
気づくことが大事


「どんな気持ちだったんだろう?」

と、自分に問いかけることがスタートです。

問いかけさえすれば、答えは必ず返ってきます。

 

特に

毒親育ちアダルトチルドレン傾向の方

共依存の要素を持っている方は、

自分の気持ちを見ることに怖れを感じる方が多いです。

 

また、

発達障害の傾向をお持ちの場合だと

自分の気持ちを言葉で表現することに

苦手さを抱えている場合があります。

さらに、

感情と表情が一致しないこともある為

周囲から誤解されてしまうこともあります。

 

自分で簡単にすぐできる
鈍感から卒業する方法があります!


自分の生きづらさを克服して

自分が望む生き方をしていくためにも

自分の大切な人と良好な関係性を

築いていくためにも

まずは自分の感情に対する「鈍感さ」

から卒業する必要があります。

 

具体的な方法を知りたい場合はこちら

※ひっそりと第三弾特別価格でお受けしています