「もうどうしたらいいか分からない!」発達子育てに悩んできたお母さんほど改善を感じやすい

LINEFacebookInstagram
始めました!

 

 

「やっと分かってもらえた!」
発達子育ての実体験からくる深い共感力と心理学・脳科学に基づく具体的な方法で我が子の問題行動をこっそり改善させる発達障害専門カウンセラー立川洋子です。

 

我が子の問題行動や発達子育てに関して深刻な思いを抱えてカウンセリングにお越しになる方の中に、改善の具体的な方法をお伝えしても躊躇してしまうお母さんがいます。

 

「聞いた方法がでいたら凄く良さそうに想うけど、でも・・・」と躊躇してしまうのです。

 

~~~~~

今まで大変な想いをしてきたお母さんほど、改善の実感を感じやすい

~~~~~

 

具体的で、合理的で、お母さんの負荷も軽減できる対応方法をお伝えしても躊躇してしまうお母さんは、自分一人で全てを背負った来たという場合が多いです。

 

家族の中に

一緒に考えたり、取り組んでくれる人がいない・・・

自分の大変さを聴いてくれる人もいない・・・

一緒に悩んでくれる人もいない・・・

 

むしろ「お前が言い過ぎ、やり過ぎなんだよ・・・」と言われてしまう状況下にいることが多いです。

過程の中でいかにお母さんが一人で頑張っているか?言い換えると、孤独な子育てから不安をより一層強めていくということです。

 

このような状況だと公的機関へ相談に行っても「お母さん、頑張り過ぎたんだね」と寄り添ってはくれても、お母さんの抱えている不安の対応まではしてくれませんし、子育ての困りごとに対して具体的な方法までは教えてくれないので、不安を更に作ってしまい、孤独な子育てを深めてしまうんです。

 

カウンセリングは、相談の内容だけにフォーカスするのではなく、相談にお越しになるお母さんの気持ちにもフォーカスします。そのため、不安から躊躇されてもそれでおしまいというわけではありません。

 

その不安を抱えながらも、お母さんとお子さんの今とこれからの為に必要なこと、出来ることを一緒に考え、取り組んでいきます。もちろん無理強いはしません。

 

でもハッキリ言えるのは、不安を強く感じているお母さんほど、一旦取り組み始めると変化、改善が早いということです。

 

お母さんたちが抱える不安のようなネガティブな感情は、いつも自分自身へ向けられています。

 

私がダメな親だから・・・

私が怒り過ぎるから・・・

我がちゃんと見てやれてないから・・・

 

とお母さん自身に向けています。でもそれは、同じくらいのエネルギー量で、今とこれからを変えていく可能性も同時にあるということを意味しています。

 

今まで十分一人で頑張ってきた分、これからはお母さんが信頼できる専門家と具体的な方法で一緒に改善をしていくだけです。

 

発達子育てを頑張るお母さんのための駆け込み相談室では、我が子の問題行動や子育ての悩みをこっそり改善するカウンセリングをしています。良かったら一度試しにご相談くださいね。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

最初の一歩は”話してみること”

  • 発達障害に特化した支援方法を知りたい
  • 発達障害の傾向が見られるがどうしたらいいか分からない
  • 学校の先生に子どもの特性を理解してもらえない
  • 目の前の問題を改善をしたい
  • 子どもの将来の自立と自律に必要なことを知りたい
  • 子どもの癇癪、パニックの対処を知りたい
  • 子どもを怒鳴ったり叩いたりするのをやめたい
  • 子どもの本当の気持ちを知りたい
  • 子育てが辛くて、母親を止めたい気持ちになる
  • カサンドラ症候群かもしれない

1つでも当てはまる方は、個別カウンセリングをお試しください。

カウンセリングだからあなただけの時間と空間がありますので、安心してお話しいただけます。

あなたの100%味方として、あなたの悩みや問題解決に伴走します。

 

LINEでのお問合せ、お申込み、簡単なご相談も可能です。
LINE特別イベントもありますので、良かったら登録してくださいね。

友だち追加

発達子育てを頑張るお母さんのための駆け込み相談室
心理カウンセラー 立川 洋子

E-Mail:tatsukawayoko@gmail.com

Facebook:https://www.facebook.com/kakekomisoudan/

LINEhttps://lin.ee/Qnd14S0

Instagram: https://www.instagram.com/tatsukawayouko/