【脳科学/発達障害】ASD特有の”こだわり”特性が嫌な記憶を強化してしまう

LINEFacebookInstagram
始めました!

 

 

「やっと分かってもらえた!」
発達子育ての実体験からくる深い共感力と心理学・脳科学に基づく具体的な方法で我が子の問題行動をこっそり改善させる発達障害専門カウンセラー立川洋子です。

 

自閉症スペクトラム”ASDの傾向がある場合、記憶を「点」でとらえる傾向がある”(詳しくは文末へ)というお話の続きです。

 

記憶は時間の流れの中で、特に感情との結びつきがあると強烈になります。人間は誰もがネガティブなことには自然と意識が向くようになっているので、”嫌だな”とか”辛いな”といったネガティブな感情と結びついた記憶はよく覚えています。

 

同時に記憶をする人間の脳は、全ては覚えていられないので、適度に忘れていく機能も持ち備えていますので、時間が解決するというように時間の経過とともに嫌な記憶も薄れていくものです。

 

がしかし!ASD傾向があるとこれがなかなか忘れられないことが起こります。

 

~~~~~

ASD特有の”こだわり”特性が嫌な記憶を強化してしまう

~~~~~

 

ASD傾向の特性の一つに”こだわり”があります。

 

発達子育てを頑張るお母さんのあなたも、我が子の”こだわり”には幼少期から悩むことが多かったと思いますが、この”こだわり”特性が嫌な記憶をなかなか忘れられなくさせています。

 

時間がたてば記憶が薄れていくのが基本の脳の特性です。

 

しかし、”こだわり”特性のあるASDの子どもにはその嫌な出来事に”こだわる”から嫌だなという想いを”繰り返す”というよりも”繰り返してしまう”のです。

 

脳は繰り返されるほど記憶を強化するので、結果として忘れたくても、思い出したくなくても、思い出してしまう、忘れられなくて辛くなってしまうのです。

 

つまり・・・

 

「時間が解決する」ということはないんです。

 

でも、こんなこと言ってしまうことありませんか?

 

「もう忘れる!気にしない!」

「いつまでもそんなこと言ってもしょうがないでしょ!」

 

最も理解してほしいお母さんのあなたに言われてしまうとより辛くなってしまい、「いつまでも忘れられずに気にしてしまう自分」をも嫌いになってしまい兼ねません。

 

改善をするために必要なことはたった2つです。詳しくは明日お伝えしますね。

 

本日も最後まで読みいただきありがとうございました。

 

●発達子育てを頑張るお母さんのための駆け込み相談室でのカウンセリング相談はコチラ体験相談希望

〇”ASDの傾向がある場合、記憶を「点」でとらえる傾向がある”→https://tatsukawayouko.com/2022/09/16/16-7/

 

最初の一歩は”話してみること”

  • 発達障害に特化した支援方法を知りたい
  • 発達障害の傾向が見られるがどうしたらいいか分からない
  • 学校の先生に子どもの特性を理解してもらえない
  • 目の前の問題を改善をしたい
  • 子どもの将来の自立と自律に必要なことを知りたい
  • 子どもの癇癪、パニックの対処を知りたい
  • 子どもを怒鳴ったり叩いたりするのをやめたい
  • 子どもの本当の気持ちを知りたい
  • 子育てが辛くて、母親を止めたい気持ちになる
  • カサンドラ症候群かもしれない

1つでも当てはまる方は、個別カウンセリングをお試しください。

カウンセリングだからあなただけの時間と空間がありますので、安心してお話しいただけます。

あなたの100%味方として、あなたの悩みや問題解決に伴走します。

 

LINEでのお問合せ、お申込み、簡単なご相談も可能です。
LINE特別イベントもありますので、良かったら登録してくださいね。

友だち追加

発達子育てを頑張るお母さんのための駆け込み相談室
心理カウンセラー 立川 洋子

E-Mail:tatsukawayoko@gmail.com

Facebook:https://www.facebook.com/kakekomisoudan/

LINEhttps://lin.ee/Qnd14S0

Instagram: https://www.instagram.com/tatsukawayouko/