【発達障害】子どもの問題行動はだれのせいでもない!ただ〇〇なだけです

LINEFacebookInstagram
始めました!

 

「やっと分かってもらえた!」
発達子育ての実体験からくる深い共感力と心理学・脳科学に基づく具体的な方法で我が子の問題行動をこっそり改善させる発達障害専門カウンセラー立川洋子です。

 

子どもの問題行動に悩むあなたはこんなことを想ったことはありませんか?

 

「何が?誰が?悪いの?」

 

問題行動を起こしている子どもも親の自分も悪いと思う人もいれば、どちらか一方が悪いと思ったり、周囲の人たちや地域、世の中が悪いと思う方もいるかもしれません。

 

~~~~~

子どもの問題行動は誰のせいでもない。

ただ子どもも大人も知らないだけ

~~~~~

 

子どもは経験不足(未学習、未体験)だから大人は問題改善のための具体的な方法を、ただ知らないだけです。ただそれだけなんです。

 

ということは・・・

 

子どもには「教える」「体験させる」をくり返すことが、大人は改善のために具体的な方法を学んで実践していけば、問題行動は改善していくことが可能なんです。

 

そのために、子どもも大人も”知る”ことが大事なです。

 

過去の私はまず疑うことなく子どもが悪いと思っていました。だから、子どもが変わることができれば問題行動がなくなると思っていました。子どもの言うこと、なすことが理解不能でしたし、理解したいとも思えなかった時がありました。その頃は、本当に我が子を凄く責めていました。

 

問題行動は勿論、子育て全般に悩み、カウンセリングやコーチングなど心理学を勉強していく中、私の気持ちは変化していきました。

 

「悪いのは子どもじゃなく、私自身だった・・・」

 

ずっと問題行動をする子どもを責めつづけてきたけど、実は私自身がダメ親で酷かったんだと思うようになりました。実際に我が子を怒鳴り、力でおさえつけ、手をあげることもあったので、決して良い親ではなかったと思います。

 

これが我が子の発達特性を知り、発達障害について専門的に知識や経験を深めていくにつれ、以下に自分がダメ親かを痛いほどに感じるようになりました。子どもに向かって「マミーがあなたのお母さんでごめんなさい。」と何度も謝りました。

 

問題が大きいほどに、過去の私のように、誰かが、なにかが悪いと犯人探し、現認探しをしてしまいがちです。原因をつきとめることが役立つこともあります。

 

が、知らないだけの場合、その原因すらにも辿りつけなかったりします。また、過去の私のようにただ”責める””自己否定””自己嫌悪”などといったネガティブ感情にはまって解決のためのエネルギーを自ら失わせてしまうことにも繋がりかねません。

 

勿体ないです!

 

子どもの問題行動は誰のせいでもありません。

子どもの問題行動は解決できます。

そのための方法もあります。

 

その具体的な方法を是非知って、一緒に改善しながら、親子で人生を自分らしく生きていけるようになりませんか?

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

最初の一歩は”話してみること”

  • 発達障害に特化した支援方法を知りたい
  • 発達障害の傾向が見られるがどうしたらいいか分からない
  • 学校の先生に子どもの特性を理解してもらえない
  • 目の前の問題を改善をしたい
  • 子どもの将来の自立と自律に必要なことを知りたい
  • 子どもの癇癪、パニックの対処を知りたい
  • 子どもを怒鳴ったり叩いたりするのをやめたい
  • 子どもの本当の気持ちを知りたい
  • 子育てが辛くて、母親を止めたい気持ちになる
  • カサンドラ症候群かもしれない

1つでも当てはまる方は、個別カウンセリングをお試しください。

カウンセリングだからあなただけの時間と空間がありますので、安心してお話しいただけます。

あなたの100%味方として、あなたの悩みや問題解決に伴走します。

 

LINEでのお問合せ、お申込み、簡単なご相談も可能です。
LINE特別イベントもありますので、良かったら登録してくださいね。

友だち追加

発達子育てを頑張るお母さんのための駆け込み相談室
心理カウンセラー 立川 洋子

E-Mail:tatsukawayoko@gmail.com

Facebook:https://www.facebook.com/kakekomisoudan/

LINEhttps://lin.ee/Qnd14S0

Instagram: https://www.instagram.com/tatsukawayouko/