【発達障害】子どもの問題行動を”問題”にしてしまう大人の単純な理由

LINEFacebookInstagram
始めました!

 

「やっと分かってもらえた!」
発達子育ての実体験からくる深い共感力と心理学・脳科学に基づく具体的な方法で我が子の問題行動をこっそり改善させる発達障害専門カウンセラー立川洋子です。

 

発達障害の特性をもつ我が子の癇癪やパニック、暴言暴力やものの破壊行為、イライラからものにあたるなどのいわゆる問題行動に悩むお母さんたちのお話を聴くとき、具体的なエピソードを必ずいくつか聴きます。

 

発達傾向の子どもの場合は極端な二面性が見られる場合があるので、必ず学校と学校以外(家庭や習い事など)の両方を聴くのですが、ある傾向が浮かび上がってきます。それは、問題行動を”問題”にしているのは周りの大人の場合があるということです。

 

でも、問題行動には必ず理由ときっかけがあります。それは、その子の特性や傾向、環境や刺激などに起因することが殆どですが、それを知らないことによって問題行動を周りの大人が”問題”にしてしまいます。

 

問題行動は、問題の仕組みを知ると”問題”ではなくなる

 

問題行動は、「きっかけ・理由」→「問題行動」→「子どもが得るもの」という仕組みがあります。

 

しかし、問題行動が大きい、強い、激しい、繰り返されるほど、人間は問題行動”だけ”しか見られなくなりますし、大人は大なり小なり”普通はこう、こうあるべき”など無意識に、経験的に凝り固まった考えをしてしまうので、余計に問題行動”だけしか”見られなくなってしまいます。

 

すると、周りの大人の意識も視点も問題行動によりフォーカス(集中)するので、自然に問題行動はより大きく、強く、激しく見えるように、感じるようになってしまいます。脳科学の観点から見てもフォーカスするほど大きくなり、同時に、問題行動の理由やきっかけが見えなくなっていきます。

 

問題行動の仕組みを知らず、問題行動を問題としてとらえ続けてしまうと、子どももお母さんも最終的に苦しく、今現在も、未来へも影響が大きいです。

 

どうしても否定的な関わり方になってしまいがちなので、親子関係、学校生活における子どもと先生、友達との関係性、子どもの心と脳の発達など子ども自身の人生とお母さんの心と人生にも影響が出ます。

 

でも繰り返しますが、問題行動の仕組みを知ることで改善方法がわかり、子どもに適した具体的な方法も分かります。だから、改善ができるようになり、親子で人生を諦めない生き方をすすむことができるようになります。

 

あなたがもし、子どもの問題行動に悩んでいるならば、一緒に問題行動の仕組みを知り、子どもに適した具体的な改善方法で改善をしませんか?

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

最初の一歩は”話してみること”

  • 発達障害に特化した支援方法を知りたい
  • 発達障害の傾向が見られるがどうしたらいいか分からない
  • 学校の先生に子どもの特性を理解してもらえない
  • 目の前の問題を改善をしたい
  • 子どもの将来の自立と自律に必要なことを知りたい
  • 子どもの癇癪、パニックの対処を知りたい
  • 子どもを怒鳴ったり叩いたりするのをやめたい
  • 子どもの本当の気持ちを知りたい
  • 子育てが辛くて、母親を止めたい気持ちになる
  • カサンドラ症候群かもしれない

1つでも当てはまる方は、個別カウンセリングをお試しください。

カウンセリングだからあなただけの時間と空間がありますので、安心してお話しいただけます。

あなたの100%味方として、あなたの悩みや問題解決に伴走します。

 

LINEでのお問合せ、お申込み、簡単なご相談も可能です。
LINE特別イベントもありますので、良かったら登録してくださいね。

友だち追加

発達子育てを頑張るお母さんのための駆け込み相談室
心理カウンセラー 立川 洋子

E-Mail:tatsukawayoko@gmail.com

Facebook:https://www.facebook.com/kakekomisoudan/

LINEhttps://lin.ee/Qnd14S0

Instagram: https://www.instagram.com/tatsukawayouko/