子どもの問題行動やトラブルの改善は「気持ちを話す+具体的な方法」のセット対応が必要です

LINEFacebookInstagram
始めました!

 

『お母さんをやめたい!』と思うほど発達子育てに疲れたお母さんへ
我が子の癇癪、パニック、逆ギレを減らし、困り事を改善しながら自信を育む発達障害専門カウンセラー立川洋子です。

 

普通級で過ごす発達障害の特性をもつ我が子の学校での素行や様子から、担任の先生や学校の生徒指導の先生などから「お子さんが自分の気持ちを話せる場所を探してみてはどうですか?」というようなことを言われて、どうしたらいいか分からないと感じた経験はありませんか?

 

実際に、”子どもが”自分の気持ちを話せる場所を探すのは容易なことではありません。地域差はあるでしょうが、教育委員会、行政や福祉が用意している相談の場は主に”親向け”ですし、親向けのグループや場も決して多くはありません。子どもが直接話せる場となれば、更に少なくなり、福祉職経験のある私でも小学生と中学生が直接気持ちを話せるリアルの場はほんの数か所、電話相談窓口であれば5,6か所知っていますが、子ども自ら電話をするのは難しいのではないかと感じています。

 

そのため、子どもが自分の気持ちを話せる場が学校であってほしいと思います。

 

しかし、悩むお母さんからのご相談で福祉職として第三者的に学校と家庭の間に入って相談サポートをしていった時、多発する学校でのトラブルや問題行動の対応に苦慮している学校の先生の場合、上記のように「他の場所をどこか探してください。」と仰ることが多いよう感じます。

 

~~~~~~~~~~~

子どもの問題行動やトラブルの改善は「気持ちを話す+具体的な方法」のセット対応が必要です

~~~~~~~~~~~

 

「困った子どもは困っている子ども」とはよく言いますが、困り感を話すだけでは何の解決改善にもなりません。話したその場はスッキリしても、なにも具体的な対応方法や改善方法が分からなければ、不本意にも同じことの繰り返してしまうことになります。

 

すると、子ども自身も「またやっちゃった。自分はダメな人間だ。」と自己肯定感ダダ下がりで、自己否定をさせてしまうことにも繋がりかねません。

 

そのため、具体的な対応、改善方法がセットで絶対必須です。

 

いわゆる”いい方法”はネットや書籍で溢れています。それを一つ一つ試すのもいいですが、我が子の困り感をできるだけ早く改善するには、子どもの特性と傾向に合った具体定な方法が必要です。

 

我が家の発達障害(自閉症スペクトラム)の特性をもつ息子も小学校でトラブルや問題行動を起こし、先生に注意されてばかりで教室を飛び出し、先生を拒否することが続いたことがありました。じっくりと話を聞くと、「教室に自分がいない方がいいと思った。」と話し、根底には「先生にもみんなにも迷惑をかけたくない。」との思いがあったと後から話されたことがありました。本当はみんなと勉強して遊びたかったけど、障害特性がきっかけで自分でもコントロールできず苦しんでいたのです。

 

親の私は、今思い出すだけでも胸が詰まります。

 

その後、先生と相談しながら、先生とタッグを組んでクラスで過ごせる具体的な方法を考え、先生と連携しながら試行錯誤を繰り返したことで、ピタリと教室を出ていくこともなくなりました。それは、発達障害に必要な脳科学と心理学をベースに、我が子の特性にあった具体的方法を先生と共に学校と家庭で取り組んだからです。実際に先生にお願いしたことは翌日からすぐ実行して頂けるほど簡単な事でした。

 

そのため問題行動やトラブルには「気持ちを話す+具体的な方法」のセット対応は無理なく出来る効果的は方法なんです。

 

過去の私と息子のように障害特性からくる困り事に悩み苦しむことを一日でも早く卒業し、”本当はこうしたい!”という希望を叶えて行くサポートをしたいと思っています。そのサポートは、忙しいお母さんでも無理なく簡単に、家庭の中から出来ることが沢山ありますので、一人でも多くの必要とする方にお届けしていきます。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

最初の一歩は”話してみること”

  • 発達障害に特化した支援方法を知りたい
  • 発達障害の傾向が見られるがどうしたらいいか分からない
  • 学校の先生に子どもの特性を理解してもらえない
  • 目の前の問題を改善をしたい
  • 子どもの将来の自立と自律に必要なことを知りたい
  • 子どもの癇癪、パニックの対処を知りたい
  • 子どもを怒鳴ったり叩いたりするのをやめたい
  • 子どもの本当の気持ちを知りたい
  • 子育てが辛くて、母親を止めたい気持ちになる
  • カサンドラ症候群かもしれない

1つでも当てはまる方は、個別カウンセリングをお試しください。

カウンセリングだからあなただけの時間と空間がありますので、安心してお話しいただけます。

あなたの100%味方として、あなたの悩みや問題解決に伴走します。

 

LINEでのお問合せ、お申込み、簡単なご相談も可能です。
LINE特別イベントもありますので、良かったら登録してくださいね。

友だち追加

発達子育てを頑張るお母さんのための駆け込み相談室
心理カウンセラー 立川 洋子

E-Mail:tatsukawayoko@gmail.com

Facebook:https://www.facebook.com/kakekomisoudan/

LINEhttps://lin.ee/Qnd14S0

Instagram: https://www.instagram.com/tatsukawayouko/