感情の振り幅が大きくなったり普段楽しめていることが楽しめなくなったらストレスサイン

LINEFacebookInstagram
始めました!

 

心理学・脳科学をもとに親子の困り感を解消し、発達障害の特性を強みに変えて自信を育み、親子ともに”自分らしく生きる”を実現させる
「発達障害専門カウンセラー」立川洋子です。

 

4月の入学式・始業式を終えて新しい環境、新しい友達と先生、新しい学校生活が始まった時期です。沢山の”新しい”に適応しようと子どもたちは頑張り始めています。特に保育園と幼稚園から小学校へと進学した子どもたちは朝の登校から家に帰ってくるまでの間、何もかもが”新しい”のオンパレードですので、家庭の中でのお母さんのサポートが必要不可欠です。

 

学校からのお便り、宿題など求められ、さらに学校という子どもにとっては公の場で評価を受けることが多くなります。その分子どももお母さんもストレスを抱えやすくなる可能性が出てくるため、自分らしさを普段以上に大切にしていく必要があります。そのためにも、お母さんは自分自身とお子さんを観察することがポイントになります。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

感情の振り幅が大きくなったり普段楽しめていることが楽しめなくなったらストレスサイン

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

感情の振り幅で最も分かりやすいのは「怒り」のイライラです。イライラの表れ方は人により異なります。具体的には怒りっぽい人と怒れない人によって反応は様々です。

 

よくある例としてはイライラを言葉で人にあたる、ものを投げる、大きな物音をたてるや逆に口数が減るなどがあげられます。

 

いずれにせよ、判断の目安として「今までなら、普段ならイライラしないのにイライラする」という感覚です。

 

また、いつも楽しいめているものが楽しめないこととして、要注意なのが楽しみを持つことすらも忘れてしまうことです。この場合、かなりストレス度がたたっくなっている可能性があるので早急なストレス対応をする必要があります。

 

いずれの場合、大人でも子どもでも、放っておくと不安やうつなどの原因になり兼ねません。特に発達障害の特性を持つ場合、障害特性とは別に二次障害としての対応を考えていく必要性も出ています。そのため、障害特性を踏まえたストレス対応、日常生活の安定を作っていくことが大事です。

 

特に自閉症スペクトラムやアスペルガーの特性を持つ子どもは、自分の好きな事、もの、こだわりなどを大切にするので、二次障害防止の為にも、やるべきこととやりたい事のバランスが重要です。

 

具体的な方法については、その子どもの特性や気質、傾向とお母さん自身の気質や傾向との兼ね合いも重要ですので、個別に考えていく必要があります。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

最初の一歩は”話してみること”

  • 発達障害に特化した支援方法を知りたい
  • 発達障害の傾向が見られるがどうしたらいいか分からない
  • 学校の先生に子どもの特性を理解してもらえない
  • 目の前の問題を改善をしたい
  • 子どもの将来の自立と自律に必要なことを知りたい
  • 子どもの癇癪、パニックの対処を知りたい
  • 子どもを怒鳴ったり叩いたりするのをやめたい
  • 子どもの本当の気持ちを知りたい
  • 子育てが辛くて、母親を止めたい気持ちになる
  • カサンドラ症候群かもしれない

1つでも当てはまる方は、個別カウンセリングをお試しください。

カウンセリングだからあなただけの時間と空間がありますので、安心してお話しいただけます。

あなたの100%味方として、あなたの悩みや問題解決に伴走します。

 

LINEでのお問合せ、お申込み、簡単なご相談も可能です。
LINE特別イベントもありますので、良かったら登録してくださいね。

友だち追加

発達子育てを頑張るお母さんのための駆け込み相談室
心理カウンセラー 立川 洋子

E-Mail:tatsukawayoko@gmail.com

Facebook:https://www.facebook.com/kakekomisoudan/

LINEhttps://lin.ee/Qnd14S0

Instagram: https://www.instagram.com/tatsukawayouko/