夫婦やパートナーとの話し合いが話し合いにならないのは〇〇だからです

ただ気持ちを話すだけで

なにをやっても報われない重苦しい過去がふわっと解けはじめ生きる勇気がわく

やさしい自分育てなおしをサポートするリライフカウンセリング立川洋子です。

 

 

夫婦や恋人、パートナー関係で悩んでいる時、こんなことを感じたことはありませんか?

 

 

  • 話しをしようとすると、相手に避けられる
  • 話し合いをしても、相手が黙り込んでしまう
  • だから、話し合いにすらならない

もしかすると、話し合いがこんな場になっているのかもしれません。

 

 

相手に非や間違いを認めさせる

相手の言動がいかにありえないか?を説明する

相手が普通や常識とかけ離れていることを分からせる

 

 

というようなどっちかが悪いという前提で話し合いをしている可能性があります。

 

 

私は、夫婦や恋人、パートナー関係で男女の場合、基本的には対等関係だと思います。

 

でも、男女(男性性と女性性)の違いはあり、捉え方や考え方といったコミュニケーションの違いはどうしても存在します。その違いは勿論、コミュニケーションについても学ぶ機会はないため、不必要な衝突や人間関係の悩みを抱えてしまうことも少なからずあります。

 

 

でも、「学んでないから仕方ない」とも出来ないのが人間関係です。

だから、私たちは人間関係について深く、強く悩み、苦しみます。

そして、どうにかしようと話し合いをしようとしますが、それがどっちかが悪いという前提だと、話し合いではなくなってしまうのです。

 

 

ですから、話し合いをこう考えてみて欲しいのです。

 

 

お互いを知る時間

お互いを理解する時間

より良い関係性を作るための時間

離婚経験のある私は、よくこのような”話し合い”をしていました。

 

 

あなたのココがおかしいの分かってる?

あなたの言った〇〇がズレてるの分からない?

普通ならこうだよ。分からない?

 

 

私の”普通”が世間一般の常識と疑わず、元夫の言動がいかに常識からズレているかを話しました。

相手が無反応だと段々と冷静さを失いってイライラし、更に言葉を重ねていきました。そして、大抵このようなことを必ず言っていました。

 

 

私はこれだけあなたのことを想ってこうしているのに

あなたはちっとも分かってくれてない!

 

 

「あなたが全面的に悪いよね?だから、謝りなさいよ!」

そんな気持ちで私は話し合いに臨んでいたのです。もうこうなってしまうと話し合いではなく、私一人だけが見えない何かと戦って戦っているような感じでした。

 

その戦いはとても孤独でした。

でも、その孤独は自ら孤独の道に突き進んでいたと今では分かります。

その結果、私は離婚をしました。

 

 

離婚を後悔はしていませんが、こう思います。

 

 

お互いを知る時間

お互いを理解する時間

より良い関係性を作るための時間

 

 

という前提で元夫と向き合う話し合いができていたら違っていたかもしれない・・・

 

 

私のように、あとから「こうだったかも・・・」と思うことのないように、あなたの大切な人との関係性を見直し、育てなおししながら、幸せを掴んでほしいです。

 

 

そのためにも

きっと、普通、絶対にこう・・・という前提を外して、相手の考えや想いを知ろうと関心をもって、相手と膝を突き合わせて話したり、相手を観察してみることが大事です。

 

 

詳しくは、初回体験カウンセリングでお伝えすることが出来ます。

あなたと、あなたの大切な人との幸せへの一歩を踏み出してみませんか?

詳しくはコチラ

————–

最初の一歩は話してみること

カウンセリングだからあなただけの時間と空間がありますので、安心してお話しいただけます。

あなたの100%味方として、あなたの悩みや問題解決に伴走します。

 

 

LINEでのお問合せ、お申込み、簡単なご相談も可能です。

LINE特別イベントもありますので、良かったら登録してくださいね。

友だち追加

 

時間がない!対面やZoomカウンセリングは苦手!という方にはメールカウンセリングもあります。