アダルトチルドレン傾向の人が繰り返してしまう「燃え尽き症候群」

なにをやっても報われず
人生に疲れてしまった女性が
ただ気持ちを話すことから
自分で自分を優しく育て直す
女性のためのリライフカウンセリング
心理カウンセラー立川洋子です。

 

自分なりにすごく頑張っても
成果がでない、評価されない、うまくいかない・・・

そんな自分は
頑張りが足りない、ダメな自分・・・

と思うことありませんか。

今までの学生生活での勉強でも
社会人になってからの仕事でも
妻、母として家事に育児でも

頑張ってるのにうまくいかない
自分の努力や頑張りが足りない
と感じる感覚や思いをくり返していませんか?

このようなネガティブな感情や思考に
陥ってしまうのは、

頑張る目的がズレている
頑張る方法があなたに合っていないからです。

 

でも、大丈夫です。
適切な順番で
自分自身と状況を捉え直しし、
次につなげる具体的な行動を明確に
していくことが出来れば修正できます!
繰り返してしまうことからも卒業できます!

 

あなたの中にある間違った公式


頑張ってるけど結果や成果がでない等
ネガティブ感情や思考になっている
あなたの中にこんな公式がありませんか?

努力する・頑張る=評価される
言い換えると
評価されない=頑張ってない、努力してない

これは本当に事実?

確かに、他者はあなたの頑張りを
あなたが望むよう評価はしてくれない
こともあると思います。

でも、だからといって
頑張ってない
努力してない
頑張りや努力が足りないことと
イコールではありません!

 

頑張った故にあなたは悩んでいます。
頑張った故に体も心も疲労感があるんです。
思うような評価や結果がでなくて
辛くなったり、もしかしたら逆に
イライラなどの怒りを感じている場合もあると思います。

だから
頑張った事実は確実に存在しています。

 

それを知っているのは他でもない
あなた自身です。

 

大事な前提を知る必要があります


「評価は、他者が他者の基準でするもの
あなたがコントロールできない

会社・上司・学校それぞれの評価基準があります。
そして、
それに沿って評価されますので、

つまり・・・
自分ではコントロールできないことです。

 

自分でコントロールできないことを
気にすることは
自分をすり減らしてしまうことに繋がります。

 

頑張ることや努力は大事です。
評価や結果も大事です。
でも、

ガムシャラに努力して頑張っても
必ずしも成果に繋がるとは限らないんです。

 

「とはいっても、気になる!」
「そんなことは分かってる!」と
いう声も聞こえてきそうですが

大事なのは
自分がコントロールできることに注力
しながら「あなたが望む結果」を出すことです。

 

頑張る真の目的は「できるようになる」こと


できるようになる、目的達成のための方法は1つとは限りません。
つまり、
周りの人と同じやり方が必ずしもあなたに合った方法とは限りらないということです。

 

例えば・・・
書類を見るときにハッキリ見えないからといって隣の人のメガネをかりたとしても必ずしも良く見えるとは限りませんよね。
眼鏡の度数があなたに合っているとは限らないから「書類をハッキリ見る」という目的は、もともと持っている視力が違うから、いくら同じ道具を使ったとしてもハッキリ見えないままなのと同じです。

 

ハッキリ見えるようにするために、あなたの視力に合った度数のメガネを調達するのと同じように、
頑張り方や努力の仕方も「あなたに合った方法」を見つける必要があります。

 

なぜなら、
人には特性や得手不得手があるからです。

 

この特性や得手不得手は、
持って生まれた傾向もありますが、
育ってきた環境に左右されることもあります。

 

アダルトチルドレン傾向の方が繰り返してしまうワケ


アダルトチルドレンの傾向がある方は
みんなも自分と同じに違いない
または、
自分のやり方、捉え方以外はない
と捉えがちで、他の選択肢や方法に気づきにくいです。

だから、ネガティブ感情や思考をくり返してしまいます。

 

その結果、
自分をすり減らしたり自分責めをして
自分で「ダメ」の烙印を押し続けます。

それは、事実ではないし勿体ない!

だって、あなたには
人一倍頑張るエネルギーも力量もあるんです!

 

自分の力を最大限に発揮するために


自分の頑張りがズレていないか、
自分のやり方が合っているか
自分を時どき点検することが大事です。

 

その点検が、
自分を大切にすることに繋がり自分を守ることになります。

その結果、あなたの大切な人を守り、
適切な努力の方向で、成果を出していくことにもつながります。

一人で取り組むことに不安がある場合は
是非専門家や信頼できる人に頼ってほしいです。
私はあなたのリライフを応援しています!ご相談はこちら

「アダルトチルドレン傾向の人が繰り返してしまう「燃え尽き症候群」」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です