【発達障害】”グレーゾーン”だからこそ、お母さんがまず発達・教育・福祉の情報を持つ

LINEFacebookInstagram
始めました!

「やっと分かってもらえた!」
発達子育ての実体験からくる深い共感力と心理学・脳科学に基づく具体的な方法で我が子の問題行動をこっそり改善させる発達障害専門カウンセラー立川洋子です。

 

我が子の「発達障害グレーゾーン」で学校生活や家庭生活、ひいては将来のことなど、お母さんのあなたは一人で悩み続けていませんか?

 

「発達障害グレーゾーン」は、実際に発達障害の確定診断が出ている場合よりも親子で共に困難さを抱えることがあります。

 

なぜなら発達障害グレーゾーンの場合、発達特性があるにもかかわらず確定診断がない故に、学校の先生からは「努力不足」「やる気がない」と勘違いされることが多い傾向にあるからです。

 

その他にも、学校の特別支援教育や福祉サービスにおいても確定診断の有無を問わずに利用できるものがあるにもかかわらず、診断ありきだと思い込んでいる学校の先生や専門家も多いことから、必要な支援、情報が届きにくく、親子で困り事を抱え込んでしまうのです。

 

~~~~~

「発達障害グレーゾーン」だからこそ、お母さんがまず発達・教育・福祉の情報を持つ

~~~~~

 

発達障害、教育、福祉と異なる分野についての知識と情報不足から”勘違い”と”思い込み”が生じています。

 

だから情報を得ることが大事です。

 

まずは発達障害について知るだけでも困り感や不安が軽減されます。多くの場合、発達障害グレーゾーンのお子さんに見られる悩み事や困り事として以下のようなことが多いです。

 

1.学校の授業に集中できない、学習に遅れがち、既に勉強嫌いになっている

2.忘れ物、失くし物、提出期限が守れない

3.友達から空気読めよ!とバカにされることがある

4.不器用なためグループやペアでの学習の時に仲間外れにされる

5.先生から頭ごなしに注意をされることが多いがなぜか?が分からなくてモヤモヤ

6.先生から言われても仕方ないと思うような注意の連絡や呼び出しが多い

7.ギリギリまで寝ていて学校に遅刻ギリギリ登校 etc

 

これらは発達障害の確定診断の有無よりも発達傾向がある子どもに見られる典型的なことなので、診断基準は満たさなくてもその傾向が見られるグレーゾーンの場合も当てはまります。そのため、発達特性そのものについて知ることは、我が子への理解と対処法や予防法を考える上でとても役に立ちます。

 

日常の中で対処や予防法をとってもなかなかうまくいかない場合に限らず、我が子が将来、自分の特性とうまく付き合っていくために、教育や福祉などの選択肢を考えていくことも有効です。その為、情報を得ていくことはとても有意義なことです。

 

しかし!ここで問題になるのが「情報って言っても、その情報がとりずらい!分かりずら!」ということ。

 

わかります!

 

私自身も発達子育てをするようになって今でこそ発達障害の情報はネットにたくさん溢れているから助かることも多かったけど、教育と福祉の情報は分かりづらいという感覚を持つ以前になかなか見つけられないのが現実です。(実際に福祉職で障害福祉相談員をしている時もそう何度も思いました。)

 

そのような時は是非、当駆け込み相談室を活用してください。我が子の発達子育て経験から発達特性を知るコツや困難さの共有だけでなく、障害福祉相談員や大人の発達障害の方のためのジョブコーチ経験から教育と福祉の情報獲得のコツもお伝えしています。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

最初の一歩は”話してみること”

  • 発達障害に特化した支援方法を知りたい
  • 発達障害の傾向が見られるがどうしたらいいか分からない
  • 学校の先生に子どもの特性を理解してもらえない
  • 目の前の問題を改善をしたい
  • 子どもの将来の自立と自律に必要なことを知りたい
  • 子どもの癇癪、パニックの対処を知りたい
  • 子どもを怒鳴ったり叩いたりするのをやめたい
  • 子どもの本当の気持ちを知りたい
  • 子育てが辛くて、母親を止めたい気持ちになる
  • カサンドラ症候群かもしれない

1つでも当てはまる方は、個別カウンセリングをお試しください。

カウンセリングだからあなただけの時間と空間がありますので、安心してお話しいただけます。

あなたの100%味方として、あなたの悩みや問題解決に伴走します。

 

LINEでのお問合せ、お申込み、簡単なご相談も可能です。
LINE特別イベントもありますので、良かったら登録してくださいね。

友だち追加

発達子育てを頑張るお母さんのための駆け込み相談室
心理カウンセラー 立川 洋子

E-Mail:tatsukawayoko@gmail.com

Facebook:https://www.facebook.com/kakekomisoudan/

LINEhttps://lin.ee/Qnd14S0

Instagram: https://www.instagram.com/tatsukawayouko/