【発達障害】”クルクル回る”は、実は本人自ら落ち着かせようとしている行動です

LINEFacebookInstagram
始めました!

 

「お母さんをやめたい!」と思うほど子育てに疲れた発達障害・グレーゾーンのお子さんをおもちのお母さんへ

発達特性の”困った”を発達させながら親子で自信を育み、将来の自立と自律につなげる情報をお届けする立川洋子です。

 

カウンセリングの中でこのようなお母さんの困りごとを伺いました。

「子どもが急にひとり言をブツブツ言いながらクルクルと一か所を回る行動をどうにかやめさせたい。」

 

発達障害 自閉症スペクトラムやアスペルガー症候群の傾向があるお子さんによくみられる行動のひとつです。(注意:このクルクル回る行動が見られることイコール発達障害と言うことではありません。)

 

実際に私も経験があります。自閉症スペクトラムの特性を持つ息子が幼少期によくこの行動が見られました。急に前ぶれなくひとり言を言いながらクルクルと回る我が子の姿をみていると、あたかも自分が回っているような気がして気持ち悪くなることが多かったです。また、そのクルクル回る時間もそこそこ長い時間で、ブツブツひとり言もうるさく感じ、とてもイライラしたのを覚えています。

 

過去の私のように、子どもがひとり言を言いながらクルクル回る姿をみて”イライラする”という場合は、お母さんのイライラへの手当てが必要です。イライラへの手当てを怠ると悪循環を必ず引き起こすので、早めの対応が必要です。

 

が、ここでは「子どものひとり言を言いながらグルグル回る」行動についての対応をお伝えします。

 

 

「クルクル回る」は、実は本人自ら落ち着かせようとしている行動です


 

クルクル回るのはいわゆる発達障害の「常同行動」と呼ばれるものです。クルクル回るほかに、ぴょんぴょんはねる行動も良く聞きます。

 

自閉症スペクトラムやアスペルガー症候群の特性を持つ子どもがする行動のうち、親や大人が困ると感じる行動の多くは、必ずその子なりの理由があります。親や大人が理解できないかもしれませんが、必ずその子なりの理由が存在しているので、その理由は何かな?という想いで我が子を観るようにしたいところです。

 

その理由の多くは、「不安」です。言い換えると、「安心したいから」です。

こだわり、刺激が欲しいなどとも言われる場合がありますが、それらも不安から来ていることが多いです。

 

子ども自身が、今その瞬間「落ち着かないな~」と何かしら不安を感じて「安心したい!」「自分でなんとか安心させよう」としている姿です。

 

基本的には傍で見守ってあげるだけで大丈夫です。

もし、お母さんに余力があるならば、お母さんもそのクルクルに付き合って一緒に回ると、お母さんも子どもの気持ちを体感できますし、子どもはお母さんが回っている姿を見て自分を客観視することにも繋がります。お母さんにとっても無理のない対応をしていくことが大事です。

 

ちなみに、過去の私は息子がクルクル回り始めた時、イライラへの手当てが出来るようになって少し気持ちの余裕が持てるようになった後、「一体何がそんなに不安なんだろう?」とよく思いました。息子のクルクル回りは突然始まるので理由が全く分かりませんでした。理由が分かってあげられない親の自分が情けないとも感じました。分からないので、一緒にクルクル回りました。回っても原因は分かりませんでしたが、クルクル一緒に回るうちに、息子が段々と笑顔になったのはよく覚えています。一緒に付き合うだけでも十分なのだと思います。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

最初の一歩は”話してみること”

  • 発達障害に特化した支援方法を知りたい
  • 発達障害の傾向が見られるがどうしたらいいか分からない
  • 学校の先生に子どもの特性を理解してもらえない
  • 目の前の問題を改善をしたい
  • 子どもの将来の自立と自律に必要なことを知りたい
  • 子どもの癇癪、パニックの対処を知りたい
  • 子どもを怒鳴ったり叩いたりするのをやめたい
  • 子どもの本当の気持ちを知りたい
  • 子育てが辛くて、母親を止めたい気持ちになる
  • カサンドラ症候群かもしれない

1つでも当てはまる方は、個別カウンセリングをお試しください。

カウンセリングだからあなただけの時間と空間がありますので、安心してお話しいただけます。

あなたの100%味方として、あなたの悩みや問題解決に伴走します。

 

LINEでのお問合せ、お申込み、簡単なご相談も可能です。
LINE特別イベントもありますので、良かったら登録してくださいね。

友だち追加

発達子育てを頑張るお母さんのための駆け込み相談室
心理カウンセラー 立川 洋子

E-Mail:tatsukawayoko@gmail.com

Facebook:https://www.facebook.com/kakekomisoudan/

LINEhttps://lin.ee/Qnd14S0

Instagram: https://www.instagram.com/tatsukawayouko/