【発達障害」こだわりへの最初の対処はこだわりの選別

LINEFacebookInstagram
始めました!

 

「お母さんをやめたい!」と思うほど子育てに疲れた発達障害・グレーゾーンのお子さんをおもちのお母さんへ

発達特性の”困った”を発達させながら親子で自信を育み、将来の自立と自律につなげる情報をお届けする立川洋子です。

 

「こだわり」

大人も子どもも程度の差こそあれもっているものです。「こだわり」ですが、大人の場合は好意的に捉えられることが多いです。例えば、出汁へのこだわりだとすれば、カツオ、にぼし、昆布など種類だけでなく、産地もこだわることもあるでしょう。なにも飲食店だけでなく、家庭の中でも、家族の体の為にや食事への追及として食材に「こだわり」を持つ方も多いです。

 

一方、子どもの場合で特に発達障害(自閉症スペクトラム)の特性をもつ子どもの「こだわり」については、親や周りの人から”困り事”としてとらえられることが多いです。

 

あた、親が困る、やめさせたいと思うものに限って、子どもの「こだわり」への度合いが強い場合が多く、周囲が疲弊してしまうことが多いです。そのため、好意的に捉えられるとまではいかずとも、少しでも軽減や付き合いやすくなると、親も、本人も生活しやすくなります。

 

以前にもお伝えしたことがありますが、自閉症スペクトラムの特性をもつ方の「こだわり」は、大人にも子どもにも見られ、なくなることはありません。そのため、付き合い方とても重要です。

 

「こだわり」への最初の対処は選別
選別の基準は”放っておいてよいものか?”を考える


放っておいてよいかどうかの基準は、「本人と周囲の人にとって安全か?」と「他者の迷惑になるかどうか?」です。

 

大事なので繰り返します。

  • 本人と周囲の人にとって安全か?
  • 他者の迷惑になるかどうか?

 

子どもの「こだわり」をまずはこの2つを基準、目安として選別しましょう。選別の結果、安全が保たれ、他者に迷惑にならないものであれば、親は反応しないようにすることが大事です。

 

注意したり、怒ったりなど、親が反応してしまうと、子どもは誤学習してしまい、かえってこだわりを強めてしまいますので気をつけたいですね。

 

選別の判断が難しい時やどうしても親の自分が反応してしまうという場合は、誰か信頼できる人に一緒に考えてもらうと安心です。他人の目と意識がはいることで、より客観的に判断ができます。当駆け込み相談室でもご相談やカウンセリングの場で伺っていますので、是非ご活用くださいね。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

と大人の「こだわり」について

 

最初の一歩は”話してみること”

  • 発達障害に特化した支援方法を知りたい
  • 発達障害の傾向が見られるがどうしたらいいか分からない
  • 学校の先生に子どもの特性を理解してもらえない
  • 目の前の問題を改善をしたい
  • 子どもの将来の自立と自律に必要なことを知りたい
  • 子どもの癇癪、パニックの対処を知りたい
  • 子どもを怒鳴ったり叩いたりするのをやめたい
  • 子どもの本当の気持ちを知りたい
  • 子育てが辛くて、母親を止めたい気持ちになる
  • カサンドラ症候群かもしれない

1つでも当てはまる方は、個別カウンセリングをお試しください。

カウンセリングだからあなただけの時間と空間がありますので、安心してお話しいただけます。

あなたの100%味方として、あなたの悩みや問題解決に伴走します。

 

LINEでのお問合せ、お申込み、簡単なご相談も可能です。
LINE特別イベントもありますので、良かったら登録してくださいね。

友だち追加

発達子育てを頑張るお母さんのための駆け込み相談室
心理カウンセラー 立川 洋子

E-Mail:tatsukawayoko@gmail.com

Facebook:https://www.facebook.com/kakekomisoudan/

LINEhttps://lin.ee/Qnd14S0

Instagram: https://www.instagram.com/tatsukawayouko/