【発達障害】発達検査を受ける上で大事なのは○○

LINEFacebookInstagram
始めました!

発達障害(ASD)の特性を持つ

我が子の子育てと

成人の発達障害者支援をしてきた

心理カウンセラー立川洋子です。

 

 

我が子の発達の心配をされる親御さん

やご家族のご相談を伺っている中で

学校の先生から

「発達検査」「知能検査」を受けるよう

勧められたがどうしたらいいか?

というお話をきくことがあります。

 

検査において、

私が最も大事だと思うことは、

検査を受ける「目的」です。

 

 

発達・知能検査の役割は2つ


1つ目は、福祉サービスを受けるため

2つ目は、特性や傾向をしるため

 

福祉サービスを受けるためとは?


比較的イメージしやすいです。

療育手帳などの手帳の取得や

福祉施設を使うのに診断書が必要なことが多いです。

特性や傾向を知るためとは?


その子(人)の

現在地を明確にし、

将来への見通しをもつための手がかり

となるのが検査です。

 

例えば、得手不得手は代表的なことです。

 

特に、

自閉症スペクトラム(ASD)の傾向

を持っている子(人)や

発達特性を持つ女の子は

自分の困り感に

気づいていない場合があります。

 

ですから検査をすることで

どんな特性があり、

どんな得意、不得意があるか

それを踏まえて、どんな困り事があるか

どんな困り事がこれから予測されるか

それをカバーするには

どんな手段が良いか

客観的な観点から分かるようになります。

 

更に、

「今」という点だけではなく

「将来」へという線での

サポート支援が分かります。

 

子育てをする上でも、

学校などの家庭外でのサポートを

要請するときにも、

お願いしやすくなります。

 

検査を受けることは障害の有無を確認することではない!


検査は、お子さんの未来を切り拓くための一助です。

 

支援を受ける

検査を受ける

||

障害があることを認める

 

勘違いしているかたが多いです。

 

障害があることを認めたくない!

障害があるとは思いたくない!

だから検査は受けない!

 

という方がいます。

 

これは誤解です!

 

発達過程において

支援、サポートを受けるのは

障害があるからではなく

その子(人)の困り感を軽減し

その子(人)らしく生きるために

当たり前のことです。

 

検査」=障害という前提ではなく、

「検査」を受けることで

我が子を改めて発見する!

我が子の「今」と「これから」を

見通しをもって向き合う!

その助けになると捉えてみてください。

受検有無に関係なく親ができることはある!


普段の親子の会話を少し工夫するだけ

といった簡単なことからスタートできることがあります。

気になる方は是非一度ご相談ください。

発達障害当事者の方からのご相談や

アスペルガ―夫、カサンドラ症候群の可能性の方からのご相談もお受けしています。

詳しくはこちら

 

最初の一歩は”話してみること”

  • 発達障害に特化した支援方法を知りたい
  • 発達障害の傾向が見られるがどうしたらいいか分からない
  • 学校の先生に子どもの特性を理解してもらえない
  • 目の前の問題を改善をしたい
  • 子どもの将来の自立と自律に必要なことを知りたい
  • 子どもの癇癪、パニックの対処を知りたい
  • 子どもを怒鳴ったり叩いたりするのをやめたい
  • 子どもの本当の気持ちを知りたい
  • 子育てが辛くて、母親を止めたい気持ちになる
  • カサンドラ症候群かもしれない

1つでも当てはまる方は、個別カウンセリングをお試しください。

カウンセリングだからあなただけの時間と空間がありますので、安心してお話しいただけます。

あなたの100%味方として、あなたの悩みや問題解決に伴走します。

 

LINEでのお問合せ、お申込み、簡単なご相談も可能です。
LINE特別イベントもありますので、良かったら登録してくださいね。

友だち追加

リライフカウンセリング心理カウンセラー
立川 洋子

E-Mail: tatsukawayoko@gmail.com

Facebook:https://www.facebook.com/kakekomisoudan/

LINE:https://lin.ee/Qnd14S0

Instagram:https://www.instagram.com/tatsukawayouko/