夫婦で気持ちが通い合わない苦しみと孤独感をカウンセリングで癒す

ただ気持ちを話すだけで

なにをやっても報われない重苦しい過去がふわっと解けはじめ生きる勇気がわく

やさしい自分育てなおしをサポートするリライフカウンセリング立川洋子です。

1枠・残り3日間!

こんな感想を頂いています。

「体験カウンセリングなのにこんなに具体的に教えてくれたのは初めてです!」

カウンセリングはあなただけの時間です。
最大限にお話を伺います。
気になる方は今すぐ予約!
詳しくはコチラ

 

夫婦問題で長年悩みを抱えていらっしゃる方のご相談をお受けしました。

具体的には、「夫がちっとも私のことを大切にしてくれない」というものです。

 

話しを掘り下げていくと、夫と気持ちが通い合わず、2人でいても1人でいるような寂しく、孤独な感覚がある。夫の普段の言動を見ていると、空気を読まないし、私自身にも、私の気持ちにも関心がないようで、もしかしたら夫はアスペルガー症候群なのではないか?と感じているとのことでした。

 

 

私のカウンセリングルームでは幅広くご相談をお受けしていて、アスペルガー症候群をはじめ、子どもから大人の発達障害の本人、その家族やパートナーのご相談もお受けしているため、最近、このご相談者さまのような「夫がアスペルガー症候群、私はカサンドラ症候群?」というご相談が増えています。

 

 

発達障害への対処対応については、今すぐできることがあります。

そして、子どもから大人まで基本の対応法は同じです。

ですから、その対応法の内、本人に合った方法を一つ試しにやってみることで案外うまくいくことが多いです。

 

 

がしかし、カサンドラ症候群の対応については、更に掘り下げてお話を聴いていくことが必要です。

なぜなら、アスペルガー症候群の夫の問題とは別に、妻自身の希望を慎重に丁寧に確認しながら、妻自身の課題が潜んでいる可能性を考慮する必要も実はあるからです。

 

 

でもね、今回のご相談者様にはあるワークをご提案したところ、このような感想を頂きました。

 

 

「こんなに優しい夫になぜ私はイライラしてるんだろう?」

 

 

孤独とまで仰ってたのに、大きな変化だと思います。

あとは、それをどう日常生活の中で実践し、自分の幸せへと繋げていくか?です。

 

 

これを読むあなたも、パートナーや子ども、自分自身のアスペルガー症候群、ADHD、自閉症スペクトラムなどの発達障害に悩んでいるならば、是非一度お話しください。この相談者さんのように、何か違う気づきやどうしたらいいか?がわかります。

 

実際に克服してきた経験をもつ私が一緒にあなたと伴走します。

少しでも変わりたい!と思ったら、その時があなたを癒すベストタイミングです。良かったら、お話しに来ませんか?

詳しくはコチラ

—-

「カウンセリングってほどじゃないんだけど・・・」「カウンセリングはちょっと緊張する」という方は、LINEでのお問合せやご相談もご利用いただけます。お気軽にご登録くださいね。

友だち追加