劣等感に苦しむ自分をどうにかしたいと感じるあなたへ

LINEFacebookInstagram
始めました!

ただ気持ちを話すだけで

なにをやっても報われない重苦しい過去がふわっと解けはじめ生きる勇気がわく

やさしい自分育てなおしをサポートするリライフカウンセリング立川洋子です。

 

 

あなたは劣等感に苦しんでいませんか?

あなたは劣等感から自分を責めていませんか?

あなたは劣等感を克服したいけど方法が分からず途方に暮れていませんか?

 

劣等感

それは、人と比べて自分が劣っていると感じること。またその感情的反応。

 

 

劣等感の原因は主に4つです。

  • 過去のトラウマ~人と比べられて認められる経験が少なかったり、その経験を通じて自分はダメと思い込んでしまう
  • ネガティブ思考~繊細でよく気づき、深く考え、常にリスクを強く、大きく、広く考えたり、万全を目指す傾向にある
  • 自信がない~周囲の視線、評価、言動が常に気になって自分をさらけ出せない
  • 先に自らをマイナスで覆ってしまう~自虐的になってしまう

 

 

実は、これ、全て私自身がそうでした。

今でも、時折このような状態に陥る時があります。

 

 

そうなんです!

誰でも、いつでも、そうなることがあるんです!

 

 

だから、劣等感を抱いた自分を「私なんて・・・」と思わなくて大丈夫。

 

 

大事なのは、あることに気づくこと。

 

 

それは・・・

 

 

人と比べている自分に気づくこと

 

 

その時、その瞬間、状況、場によって比べている他人は違うことが多いですが比べていることは変わりません。

 

 

あなた自身と

他の誰かを比べている

 

 

比べた結果、あなたの心の中に沸き起こっているネガティブな感情が劣等感です。

 

 

でも、その多くは漠然としている故に、とても苦しみや恐怖が強くなります。

 

 

そのため、人と比べて劣等感を抱く自分に気づいたら、ちょっと向き合ってみませんか?

 

 

この質問を自分に投げかけてみてください。

私は何に劣等感を感じているんだろう?

私にはそれ(劣っていると感じたこと)が本当にないのだろうか?

私は本当はどうなりたい?どうしたい?何がほしいんだろうか?

 

劣等感の正体を具体的にすることで、あなたの望みが見えてきます。

一人でするには難しいと感じた場合は、私と一緒に探しませんか?

 

カウンセリングのお申込みやお問い合わせはLINEでも受け付けています。

LINEでは、簡単なご相談なら無料で可能です。是非登録してくださいね!

友だち追加

 

 

 

最初の一歩は”話してみること”

  • 発達障害に特化した支援方法を知りたい
  • 発達障害の傾向が見られるがどうしたらいいか分からない
  • 学校の先生に子どもの特性を理解してもらえない
  • 目の前の問題を改善をしたい
  • 子どもの将来の自立と自律に必要なことを知りたい
  • 子どもの癇癪、パニックの対処を知りたい
  • 子どもを怒鳴ったり叩いたりするのをやめたい
  • 子どもの本当の気持ちを知りたい
  • 子育てが辛くて、母親を止めたい気持ちになる
  • カサンドラ症候群かもしれない

1つでも当てはまる方は、個別カウンセリングをお試しください。

カウンセリングだからあなただけの時間と空間がありますので、安心してお話しいただけます。

あなたの100%味方として、あなたの悩みや問題解決に伴走します。

 

LINEでのお問合せ、お申込み、簡単なご相談も可能です。
LINE特別イベントもありますので、良かったら登録してくださいね。

友だち追加

発達子育てを頑張るお母さんのための駆け込み相談室
心理カウンセラー 立川 洋子

E-Mail:tatsukawayoko@gmail.com

Facebook:https://www.facebook.com/kakekomisoudan/

LINEhttps://lin.ee/Qnd14S0

Instagram: https://www.instagram.com/tatsukawayouko/