登校しぶり、不登校、出勤しぶり・・・家族の直感が大事な時期です

ただ気持ちを話すだけで

なにをやっても報われない重苦しい過去がふわっと解けはじめ生きる勇気がわく

やさしい自分育てなおしをサポートするリライフカウンセリング立川洋子です。

 

 

子どものコロナウイルス感染者も、全体の感染者も増えています。

学校が再開された地域、夏休みが延長された地域と様々で、子ども達も親も、不安が続いていますが、あなたのお住いの地域やご家庭ではいかがですか?

 

 

夏休み明けは子どもにとって変化が出てくる時期の1つです。

 

実は、これは子どもに限ったことではなく、大人にとっては日常的に起こり得ることでもあります。

例えば、

学校に(会社に)

行きづらい、行きたくない、行けない・・・

 

 

学校(会社)まではいくけど、校舎や教室(オフィス)になかなか入れない・・・

 

 

心の葛藤、変化が、表情、言葉、様子、行動にでてきます。

例えば・・・

普段できることができない、やらないことが増える

生活リズムが崩れてくる(寝る、起きる時間が遅くなる)

食欲が落ちる

口数が減る

学校や友達、先生の話をしたがらない

表情が乏しい(元気がない)

ゲームばかりする

学校の勉強や習い事もしなくなる

自室にいる時間が増える

怒りっぽくなる

泣く、涙を流すことが増える

ネガティブな発言が多くなる

体調不良の訴えが増える(腹痛、頭痛など)

乱暴な行動が増える

 

登校しぶりや不登校は短期的な理由ではなく、長期的な理由が存在していることが殆どです。場合によっては潜在的な理由です。

 

 

 

そして、一番最初に気づくのは家族です。(大人の単身者の場合は会社の人、友人

 

 

直感といってもいいです。

 

 

「なんか、いつもと違う・・・」

 

 

そう感じた時、周囲は焦る気持ちや「どうして?」「なぜ?」「行かないの?」と言葉を重ねたくなるのを、深呼吸で吐きだしてください。

 

 

そして、本人を見守ってください。

 

 

なぜなら、心も、体も、エネルギー切れの状態だからです。

 

 

“でも、そのままじゃ、ずっと行かなくなる!」と心配になる気持ちもあると思います。

社会人であれば、生活や人生への影響が大きいです。

 

 

その為、まずはご家族や周囲の方が一度ご相談ください。

現状の把握と整理、仮説と本人に合ったかかわり方や対応方法を考えていきます。

 

カウンセリングのお申込みやお問い合わせはLINEでも受け付けています。

LINEでは、簡単なご相談なら無料で可能です。是非登録してくださいね!

友だち追加