決めていますか?あなたの発達育児の終わり

発達育児、子育て、大人の発達障害支援とライフステージを通してサポート経験がある元日本語教師、ジョブコーチ・サポーターの立川洋子です。

 

 

=================

あなたの発達育児の終わりは”いつ”か決めていますか?

===============

 

 

言い換えると・・・

 

 

発達特性を持つ我が子を何歳までに自立させますか?

 

これを決めているかどうか?で親子のかかわり方がかなり大きく変わります。

それは、子どもと親双方の自己肯定感、自尊心、自己重要感、自己効力感など、現在から将来にかけて大きく影響します。

 

 

なぜなら、親が子どもに寄り添える時間は有限だからです。

 

 

息子に発達障害の特性があると知る以前の私は、漠然と息子が大学卒業するまでかな~と思っていました。

 

 

でも、今は明確に決めています。

 

 

息子が30歳になるまで!

 

 

なぜ30歳か?

 

 

そこには明確な理由はありません。

でも、発達障害の特性を持つ息子は、何をするにも、マスターするにも、ちょっとだけ時間も、労力も、助けも人より多く必要です。

 

 

教えて貰ったり、自分で試したり、成功体験を重ねていくにも時間がちょっと多めに必要です。

 

 

それには家族だけでは難しいです。

家族以外で、息子の良き理解者、助っ人が必要で、理解者や助っ人探しにも時間は多少必要です。相性も勿論ありますから、息子が30歳までとしました。

 

 

もちろん、福祉制度を利用すれば、福祉職の支援者を得ることはできます。

 

 

でも、出来れば息子の好きや得意、自信を持てる分野で、息子の良き理解者と出会えたらと思っています。

 

 

幸いにも、我が家の場合、中学2年生の息子が得意で好きな将棋を通じて、息子の良き理解者に出会えました。年齢は同年代から少し上の方、ご年配の方まで幅広くいます。

 

 

その人たちの中で、息子は様々な社会性やコミュニケーションを経験し、相談もしているようです。

 

 

そして、私も親として

出来ること、

した方がいいこと

しない方がいいこと(他者に任せた方がいい事)

を知り、子育てを楽しむ心の余裕をもつことが出来ました。

 

=================

あなたの育児の終わりは”いつ”か決めていますか?

===============

 

即答できなくても大丈夫!

今日をきっかけに考えてみてください。

 

 

育児が出来る時間は有限です。

 

 

その有限で大切な時間をガミガミやストレス、不安で過ごすのはもったいない!

 

 

不安を本気で安心に変えたい!あなたは是非ご相談くださいね。

 

カウンセリングのお申込みやお問い合わせはLINEでも受け付けています。

LINEでは、簡単なご相談なら無料で可能です。是非登録してくださいね!

友だち追加