【発達障害とコミュニケーション障害】気持ちと克服の関係性

子供から大人までの発達障害支援

企業に在籍しながら大人の発達障害

の方がたの業務や生活支援をしてきた

リライフカウンセリング

心理カウンセラー立川洋子です。

 

発達障害の特性があると

コミュニケーションが苦手で

自分の気持ちがないと思い込んでいませんか?

 

それは完全な思い込みで、決めつけです!

コミュニケーションに課題がありますが

気持ちがないのではありません!

 

最近では、

コミュニケーションの課題を持つ人を

「コミュニケーション障害」(略してコミュ障)と言っています。

発達障害の方に見られる
コミュニケーション課題を
コミュ障とは?


医学的診断に基づく場合と

俗称的なものとがありますが

後者の場合、こういったものがあります。

  • 空気が読めない
  • 人と目を合わせて話すことが出来ない
  • 自分本位で自分の言いたい事だけを一方的に話し続ける
  • 自分のタイミングで自分の言いたいことを言ってしまう
  • 指導や指摘を否定と捉えて攻撃されたと捉えてしまう

家庭や仕事と言った場を選ばずに

コミュニケーショントラブルを

起こしてしまいます。

コミュ障は学生時代から
影響がでます


中学生、高校生の思春期時期に

親より友達との世界を好むようになります。

コミュ障の影響が友人関係に表れ

登校しぶりや不登校になってしまうこともあります。

コミュ障の要因の可能性にある発達障害


発達障害の特性は

上記のような

コミュニケーショントラブルを

引き起こすことがあります。

 

※発達障害だけでなく、

その2次障害として社交不安障害を

引き起こしている場合もあります。

 

気持ちがないのではなく
自他の気持ちと
向き合い方を
知らないだけ


発達障害の特性を持つ人は

自分の気持ちをちゃんと持っています。

ただ、どう向き合っていくか

手段と方法が分からないだけです。

そして、相手の気持ちに対しても

どう対応していいか知らないだけです。

発達障害をサポートする福祉の専門家

の中には、

「発達障害の人には気持ちはない」

「発達障害の人は自分の気持ちを考えないから、周りも考えてあげなくていい」

という人がいます。

が、私はそうは思いません!

 

多くの場合は、家庭の中で

両親や兄弟とのかかわりや対話を通じて

言葉や言葉以外のコミュニケーション

方法を体得していきます。

 

がしかし、

発達特性を持っている場合だと

コミュニケーションがどうしても一方的になります。

それは、当事者が一方的に話す場合

周囲が一方的に注意や叱責するといったものです。

そのまま成長した時

人間関係の悩みや対人トラブルを引き起こしてしまうのも自然です。

 

一方的から双方向へ
コミュニケーション方向を
変化させていくことがポイント


だから、私はやっぱり対話する事が大事だと思っています。

言葉と言葉の双方向

一緒に時間と体験、感情を共有や循環などです。

そして、何より大事なのは

「気持ちはない!」と決めつけないこと。

 

リライフカウンセリングでは

当事者の方には障害特性を踏まえた

コミュニケーションスキルを、

その周囲の方やご家族には

発達特性を持った方との

コミュニケーション方法を

言葉、言葉以外の両方の方法と

必要なメンタルをお伝えしています。

 

短期間で習得できます。

ご興味がある方は、

初回体験カウンセリングをお試しください。

詳しくはこちら