【アダルトチルドレン・毒親育ち】恋愛や結婚で幸せになる選択肢を自ら排除してます!

30年以上のAC×共依存を克服

心理カウンセラー立川洋子です。

「人生のパートナーに出会いたい!」

 

誰でもそう1度は思うと思います。

 

でも、過去の私のような

毒親育ち

アダルトチルドレン傾向があると、

幸せになる選択肢を自ら排除しています。

毒親育ちの方やアダルトチルドレン

傾向がある方にとって

親に感謝はしている部分もあるけど、

親や夫婦に対して幸せなイメージを持っていません。

 

  • いつも親から心無いことを言わた
  • いつも親の顔色をうかがっていた
  • いつもいい子でいないとダメだった
  • いつも親の為に頑張らねばならなかった
  • いつも親の言う通りにしなければいけなかった
  • いつも両親が喧嘩ばかりしていた
  • いつも怒鳴り声や罵声が聞こえた

と、家庭が安全安心の場とは言えず、

両親が笑っていたり幸せそうでもなく

また実際にそういった記憶もないことが多いです。

 

親から受けた言葉や価値観は

想像以上に大きく影響を受けます。

 

そのため、

自分自身に対しては勿論、

親や夫婦、異性との関係性において

「幸せ」や「仲良し」のイメージがわきません。

 

ですから、

「幸せになりたい!」と思っても

現実では、無意識に両親のいずれかと

同じようなことをしていたり

同じような生き方や状況に直面していることが多いです。

 

一方で、意識をもって

「幸せになるために、親のようにはならない!」と思っていても、

 

親のようにならない!そのために

親のような人は選ばない!と

無意識に制限をかけ、選択肢を排除しています。

 

例えば、私の場合だと

「父のような自分勝手な人は選ばない!」と決めると

自分勝手だと感じる男性を無意識に

選択肢から排除していきます。

 

でも、見方をかえるとこういった可能性もあるのです。

 

自分勝手と印象を受けるほど

・自分の意思を強く持っているともいう
・意思の強い人はそれだけ自分に責任もっている可能性がある
・他者を導く可能性もある
・家庭の中だとしたら家族の為に無我夢中で頑張る人かもしれない
・行動的な人かもしれない

上記の可能性だけをみると

とっても好感度があるのですが

父のような自分勝手は選ばない

と自ら決めてしまったことで

好感を持てるかもしれない男性との

出会いも、関係性も自ら排除してしまってきたのです。

これに気づいた時

 

すごく残念!

すごくショック!でした・・・

 

アダルトチルドレンや毒親育ちは

自分の人生にその影響はあります。

 

でも、

自動的に向くネガティブ面

だけでなく、その裏側にある

ポジティブ面の可能性もしっかりと

見つめたうえでどうするか?を

考えていくほうが得策です。

 

とくに、恋愛や結婚といった

自分の人生に大きく影響がでることは

あらゆる可能性をしっかりと冷静に

見ていきたいと思いませんか?

 

思い当たることがある方

アダルトチルドレンや毒親育ちからの

回復方法、悩みの解決をしたい場合は

是非ご相談ください。

詳しくはこちら