「~しなきゃ」は隠れ我慢!それがある限り努力するほど苦しみ続けてしまいます

ただ気持ちを話すだけで

なにをやっても報われない重苦しい過去がふわっと解けはじめ生きる勇気がわく

やさしい自分育てなおしをサポートするリライフカウンセリング立川洋子です。

1枠・今日までです!

こんな感想を頂いています。

「体験カウンセリングなのにこんなに具体的に教えてくれたのは初めてです!」

カウンセリングはあなただけの時間です。
最大限にお話を伺います。
気になる方は今すぐ予約!
詳しくはコチラ

 

 

あなたは日常の中でこのような我慢をしたり、自分に喝をいれることはありませんか?

 

「私さえ我慢すれば、~はうまくいく」

「私がもっと頑張れば、きっと分かってもらえる」

 

 

どちらも、現状に対して解決や改善を望んでいて、そのために必要なこととして

自分に対して厳しく、

自分に対して「~しなきゃ」

と言い聞かせているように見えます。

 

 

でも残念ながら、この種の我慢や頑張りは、問題の解決や改善にはなかなか繋がりません。

 

 

なぜなら、

自分が劣っている

出来ていない

ダメという自己否定や自己嫌悪

つまり、自分へのダメ出しを出発点にし、「ダメな自分から早く変わらなきゃ!」と思っているからです。

 

 

確かに自分へのダメ出しを原動力にして頑張ると、実際に何とかなったり、「変わった!」と思えることがあります。

 

 

でも、それはほんの一時、一瞬で持続しません。

私たち人間は、変わることはできます。

でも、

「今すぐ」変わることはできず、「少しずつ」変わります。

「少しずつ」の中には、うまくいくばかりではなく、失敗も含まれています。

 

 

そして、失敗もしながら少しずつ変わるためには、今の自分に無理なく取り組めることと希望の要素が必要です。つまり、自己犠牲や自己否定、自分へのダメ出しといったマイナスを、希望のプラスに変換しておくことが必要です。

 

 

希望のプラス面なしで動くと、うまくいかなかったことが一瞬でもあると、「やっぱり自分はダメだ」と悪循環に戻ってしまいやすくなります。

だから、我慢や努力、無意識の隠れ我慢「~しなきゃ」のままでは、あなたの悩みや苦しみは解決解消とは反対方向に行ってしまう可能性が大きく、大変危険です。

 

 

あなたが少しでも思い当たると感じるならば、少しでも変わりたい気持ちがあるならば、カウンセリングで話してみて欲しいです。

 

 

「こんなこと話していいの?」「うまく話せない」「カウンセリングってほどじゃないと思うんだけど」など、不安や迷いもあるかも知れません。でも、それも全てOK!

だから、あなたの不安や苦しみ、迷い、そのままで大丈夫。安心してお話ししてほしいです。

 

 

下記に初回体験カウンセリングボタンとLINEをご用意しました。

あなたの希望の未来への扉のボタンになるかもしれません。

苦しい、辛いだけでなく、迷ったり、悩んだり、そして「まだ大丈夫」の気持ちがあるなら、それは”誰かに話す”タイミングだと私は皆さんにお伝えしています。

あなたはどうですか?

友だち追加