「相談」「人を頼る」が出来ないのは、あなたの〇〇です!

ただ気持ちを話すだけで

なにをやっても報われない重苦しい過去がふわっと解けはじめ生きる勇気がわく

やさしい自分育てなおしをサポートするリライフカウンセリング立川洋子です。

 

こんなご相談をよく伺います。

”人を頼ることが苦手で、悩みや困り事があっても相談することがなかなかできない”

 

 
でも、大人も子供も、誰もが実は日常的に誰かにお願いや頼るということをしています。だから
 
 
 
人を頼れない
相談できない
 
 
 
ということはありません!
誰もが人を頼り、相談する力があります。
ただ、気づいていないだけです!
いわゆる思い込みです!
 
 
 
 
たとえば、
「○○とって」
「○○お願いできる?」
「○○しておいてね」など・・・
 
 
 
家族や友人、仕事関係の人に言うことはありませんか?
これも広義の意味では「人を頼る」「相談」です。
だから、日常的に誰もが出来ていることが多いのです。
 
 
もちろん、相手が何らかの事情ですぐ出来くて、してもらえないこともあると思います。
でも、それはあなたに原因があるからではありません。
相手の都合やタイミングなど、あなた以外の問題であることが多いので、「迷惑かけちゃったかな?」「申し訳ない」など感じることはないのです。だから、
 
 
 
 
「相談する」「人を頼る」ができない・・・
 
 
 
そう感じているのは、あなたの思い込み(思考のクセ)です。
特に頑張り過ぎる人に多いです。
うつ病、HSP(繊細さん)、アダルトチルドレン傾向の方、そして子育て中のお母さん。
切羽詰まるまでひたすら我慢、または1人頑張りしていることが多いです。
 
 
 

実は、以前の私もそうでした・・・
厳密には、私の場合はかなり重症でした。なぜなら

 

 

我慢や1人頑張りの意識がない

ひたすら1人頑張りが当たり前だったからです。

 

 

でも、今ならハッキリわかります。

 

1人頑張りは

自分責め、自分へのダメ出し

 

 

自分責めってとっても苦しいです。

人によっては惨めさを感じるかもしれません。

 

 

でも、繰り返しますが、

だれもが人を頼り、相談する力は元々持っています。

ただ、それに気づいていないだけです。

 

 

少なからず今までの経験~自分が相談することで相手が困るのではないか?実際に相談したら心無いことを言われたなど~から相談や人を頼ることに躊躇してしまうことはあるでしょう。
 
 
 
そのような時は、敢えて身近ではない第三者に話してください。
例えば、心理カウンセラーやセラピスト、相談員です。
心の専門家であれば、ただ聴くだけでなく、あなたの悩みの本質を見据え、思考のクセの改善のために具体的な方法をお伝え出来ます。
 
 
相談や人を頼ることは、あなたの人生の選択肢と可能性を広げます。
そして、自由にも繋がります。
 
 
リライフカウンセリングでは、あなたの言葉にならない思いも一つ一つ丁寧に聴きながら、あなたと一緒に解決に取り組みます。
まだ大丈夫と思えるうちに、初回体験カウンセリングをお試しくださいね。
 
 

—-

カウンセリングのお申込みやお問い合わせはLINEでも受け付けています。

LINEでは、簡単なご相談なら無料で可能です。是非登録してくださいね!

友だち追加