【発達障害】学習障害LDをサポートするのに効果的な位置関係は〇〇

発達障害ASDの育児と

大人の発達障害の支援経験がある

元日本語教師の心理カウンセラー

立川洋子です。

 

先日学習障害についてお話したところ

多くの方にお読みいただきました。

※詳しくはこちら:学習障害(LD)克服に○○練習はリスクが大きすぎます!

 

今日も学習障害LDについてお話しします。

学習障害は、読み、書き、計算という

部分的な遅れが目立つものです。

(これに対して、知能全体的な遅れが知的障害)

LDまたはその傾向がみられる場合、

子供本人が自覚することはなかなか

出来ないため、親や先生がよく観察し

本人との対話で確認していく必要があります。

 

そして、

親や先生がサポートをしていく時に

効果的にサポートする位置関係があります。

 

それは

対面です!

 

家庭でのサポートだと、

学習机で勉強している場合、

子供の横に座ってサポートをすることが

多いかもしれません。

しかしLDの場合、

本人が、

どこの、なにの、どんなところに

困難さを持っているかを観察して

把握する必要があります。

しかし、真横では本人の姿全てが見えません。

 

把握したいのはこの動きと表情です!

目の動き(眼球運動)

口の動き

手の動き(目との協調運動)

+

表情

これらを観察する時、子どもの真横では見えづらいのです。

 

ですから、

子供と対面するように座ってサポートをします。

 

そして、是非ご用意頂くといいのが

ホワイトボードです。

100均で売っている小さなものでOKです。

 

特に、書きや計算の時は、

本人がホワイトボードに

自由に手軽に書いては消せます。

綺麗に使う必要はないので、気楽にも使えます。

 

また、親にとっても、教えたい時

手軽に書いて示す、やって示すが出来ます。

 

この「気軽」と「手軽」は親子にとってストレスなしでお勧めです。

ホワイトボードのメリットは大きいです。

是非、サポートに取り入れて、

親子でストレスなく取りくむことが

「次もやってみよう」という意欲にも繋がります。

 

具体的な観察のコツや方法に

興味がある場合は是非ご相談くださいね。

詳しくはこちら