【発達障害】宿題の問題を解くよりも伝えたいことは○○

発達育児の経験と
企業に在籍しながらジョブサポーター
として成人の発達支援をしてきた
心理カウンセラー立川洋子です。

 

始業式とはいえ、

コロナウイルス感染症予防のため
新学年のクラス分けと教科書を貰ってくるだけですが
久々の学校校の支度をしていた時に、今さら?!なことが判明!

それは・・・・・

宿題が終わっていなかった!!!

算数プリント2枚。小数点割り算。
学校に提出の必要は、持っていく必要はないのですが、
本来やるべきこと(宿題)を
期日(春休み中)までに終わっていないという状況なので
急遽、昨夜始めたワケです。

本来やるべきこと(宿題)を
期日(春休み中)までに

終わっていない

という状況が判明。
自分の子供時代と比べると
全くあり得ない、
考えられない
理解できない

全くあり得ない
考えられない
理解できない

けど、息子にとっては全く違う。真逆といってもいいくらい。

こんなとき、あなたならどうしますか?
どんな言葉を子どもにかけますか?

「なんでやってないの!」
「これ、どうするの!」
「もう!(怒)」

以前の私はこうやって
注意じゃなくて、怒る!でした。
完全にイライラ爆発
していました。

そう、自分のイライラ。

だって、私自身の価値観では
学校の宿題を忘れる
宿題をやっていないなんて
ありえないから。

宿題をしないことが悪い!
あなたが悪い!
ということを分からせるために

責めたてていました。

でも、ある時をさかいに
ふと疑問に思ったんです。

宿題って
なに?
誰のため?
何のため?
なぜしなきゃいけないの?
親子でぶつかりあってもやって学校に持っていく必要あるの?

大人で言えば、
仕事を納期までに終わらせるのは当たり前。
信用信頼で任せて頂いた仕事を
納期までに終わらせて納品するのは当たり前。

大人の世界におきかえると
宿題は
学校と子どもとの約束です。

長い目でみればやったほうがいい。
約束を守ったほうがいい。
そう思います。


でも、それを絶対守らせるために
親子喧嘩までする必要はない。

私はそう思っています。
宿題のために親子で衝突するなんて
悲しすぎる。
苦しすぎる。

だから、我が家ではこうしています。

宿題は学校とあなたとの約束だよ。
マミーは約束の宿題をする必要があると思うし
分からないことがあるなら手伝うよ。
でも、
その約束の宿題をする、しないはあなたが決めること。
あなたはどうしたい?どうする?

宿題をするなら、
見守ります。手伝います。一緒に考えます。

宿題をしない、それが息子の選択なら
共感はできないけど、気持ちは尊重します。
そして、
宿題をしない場合に考えられるリスクについて
話し合い
ます。

私が大事にしていること。

宿題の問題を解くよりも
自分で考えて
自分で決めること。
それを見守りながら
時には一緒に考えること。

だって、

大人になると
自分で考えて自分で決める連続だから。。。

普段の日常生活の中で
生きる上で本当に大事なことを
限られた子育ての時間の中で
私は我が子に伝えたい!

そう思っています。

あなたにも、伝えたい事がきっとあるのではないでしょうか?

発達育児において自立を目指したポイントを整理しながら、目の前の困り事を解決する方法もお伝えしています。詳しくは下記をご利用ください。