【発達障害】受診や相談待ちの間、何もできることがないと思っていませんか?

発達障害(ASD)我が子の子育てと

企業で大人の発達障害の支援を通じ

子供と大人両方の発達障害を見てきた

心理カウンセラー立川洋子です。

※ASD:自閉症スペクトラム

 

大人、子供限らず、

発達障害のご相談をお受けする時に

毎回感じます。

 

皆さん、発達障害についてものすごく勉強している!

 

でも、当リライフカウンセリングで

ご相談をお受けになった方が

必ず仰ることがあります。

 

それは、

「自分でもネットや本で調べたけど

カウンセリングで教えて貰ったことは

全て、ネットや本では得られなかったことばかりです!」

と、大変驚かれます。

 

当リライフカウンセリングで

なぜネットや本で得られないことを

お伝えできるか?というと

それは、子どもから大人までの

発達支援を実体験してきたから。

 

大人も子供も、

受診をしたい!と思っても、

相談をしたい!と思っても、

なかなか受診可能な医療機関が

見つからないということがあります。

見つかっても、診察が順番待ちです。

 

発達障害の相談機関での相談ですら

順番待ちということがあります。

 

医療機関や相談機関で

受診や相談が出来るまで不安なまま

過ごすのはとても苦しいです

 

そして、医療機関で診断を受けても、

実際の対応方法まではご指導頂くことは難しいことが多いです。

 

診断は医療機関でしかできませんが

発達障害の可能性がみられる子どもや

大人に対して、

 

今すぐ、

家で、

簡単に出来ることは

あります!

 

ですから

不安を抱えながら悩み続けているなら

一度ご相談に来ていただきたい!です。

 

確かにネットや本で得られることは沢山あります。

 

私も、発達障害の「は」の字も

知らなかった頃、

沢山の専門書をよみ、

発達の専門家のもとで学び、

海外の発達支援の講座も受講しました。

 

でも、

発達育児の大変さは

分かってもらえません!

 

どうしたらいいか考えて

実際にやっていくのも

一人では心細いです!

私はそれを経験済みです!

 

さらに

大人の発達障害に悩む方々の支援を

通じて、当事者とその周囲とともに

一緒に悩み、

一緒に解決を考えてきました。

 

ですから、あなたの

困り感や不安に寄り添いながら

具体的な対処や克服方法を

ご提案したり、一緒に考えることが出来ます。

気になる方や

少しでも家で出来ることをやりたい!

と思われる場合は、

すぐ相談してくださいね

詳しくはこちら